森下悠里、セレブキャラから「イイ女」に変身!? すっぴんの可愛さと料理の腕で好感度が爆アガリ状態

5月7日(木)21時0分 メンズサイゾー

 グラビアアイドルの森下悠里(30)が、5日に出演したバラエティー番組『ロンドンハーツ3時間スペシャル』(テレビ朝日系)の効果で好感度を急上昇させている。


 森下が登場したのは人気企画「淳が泊まってジャッジ!! ホントはイイ女GP」。司会のロンドンブーツ1号2号・田村淳(41)が女性タレントの自宅に宿泊し、もてなし方や料理の腕、部屋の清潔さなどを評価するというものだ。


 かねてから「セレブキャラ」をアピールしている森下の自宅は、夜景が見渡せる広々とした高級マンション。淳が部屋をチェックすると、尋常ではない量のブランド品が並んでいる状況が明らかになった。ブランド品がディスプレイされている棚を目にした淳は「大黒屋みたい」と思わずポロリ。ブランドの中でも森下はエルメスが大好きらしく、クローゼットにはオレンジ色の箱が大量に並んでいた。


 部屋には大きなシャンデリアが飾られており、価格は「100万円くらいだけど、知り合いにお願いして60万円にしてもらった」という。気になる家賃はシャンデリアと同程度。淳は「グラビアアイドルなのにこんな暮らしができるのはおかしい」といぶかしがったが、森下は「(会社経営者の)父親に借りてもらっている」と弁明した。


「森下の父親は年商10億円の企業家だといい、豪勢な暮らしぶりは父親からのサポートと彼女は主張しています。しかし、キャバクラで働いていた過去があるなど『お嬢様』とは思えない部分もあるため、別の意味の『パパ』なのでは...というウワサが絶えませんね」(芸能ライター)


 森下は整形手術を受けたことを公表するなど「ぶっちゃけ系」で知られるが、一方で私生活はナゾが多い。そのキャラクターには賛否両論...というより批判の方が多く、今回のセレブアピールも反感を買いそうだと思われていた。


 ところが、森下が淳のために料理の腕をふるうと視聴者の評価が一変。森下が用意した手作りディナーは、すき焼き、茶碗蒸し、冷奴、小松菜とシラスの和え物、漬物などの小鉢も並んだ料亭のような豪華さ。バランスが良くて味も抜群だといい、淳は「本当に自分で作ったの?」と驚いていた。


 翌朝にも森下は、淳が起床する1時間以上前に起きて朝食の準備。手作りパンに白身だけのホワイトオムレツ、フルーツ類にサラダといった味だけでなく栄養面も考えられた料理を食卓に並べた。


 料理が出来なさそうなイメージがある森下だが、実は料理の勉強に励んでいるらしく、その証拠に本棚にはレシピ本が多数並んでいた。このギャップで視聴者の好感度は爆アガリとなった。


 さらに森下は淳から「すっぴんを見せて!」と懇願され、それを戸惑いながらも了承。すっぴんと言いながら薄化粧やナチュラルメイクをしているケースもあるが、今回は洗面所でメイクを落とすところからカメラで撮影していた。森下が正真正銘のすっぴんを披露すると、ケバさが消えて可愛らしい素顔があらわに。淳は「こっちの方がいい」と絶賛し、これを目にした視聴者からもネット上に以下のような賞賛の声が数多く書き込まれた。


「すっぴん可愛い! 化粧してるよりいい」
「森下悠里のすっぴんめちゃくちゃかわいいやんけ」
「絶対すっぴんの方が可愛いよ〜」
「森下悠里のすっぴんがメイクしてる時より可愛くて焦る」
「森下悠里すっぴんの方がそそる」


 放送後、森下は自身のTwitterで「フォロワーさんが一気に千人以上増えました。ロンハーパワーと、皆様の温かい応援のおかげです。幸せぇ」とツイート。Instagramのフォロワーも3000人増えていたことを明かしており、放送は大好評だったようだ。


「ハデなイメージのグラドルが化粧を落としたら『地味顔』に...という流れはバラエティーの笑いのお約束になっている。当然、今回も多くの視聴者が地味顔を期待しましたが、それをいい意味で裏切っていた。今まではどちらかといえば『嫌われキャラ』だった森下ですが、ギャップが大きければ大きいほど好感度の針は逆に振れる。視聴者の印象が変わったことで『いい女キャラ』として今までと違ったキャラクターで売り出すこともできそうです」(前同)


 整形手術やパパ疑惑のイメージが強かった森下だが、これで好感度が上がってファンも増加。グラドルは三十路が大きな岐路になるが、どうやら森下は新たな方向性を見出すことができそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

森下悠里をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ