仮面女子・猪狩ともか、脊髄損傷で車椅子生活に「脚を動かすことすら…」

5月7日(月)14時6分 マイナビニュース

アイドルグループ・仮面女子の猪狩ともかが、脊髄損傷による両下肢麻痺で、今後は車椅子での生活になることが、グループの公式ツイッターで報告された。また、猪狩本人も、自身の公式ブログで報告した。

猪狩は4月11日に都内で、強風で倒れた看板の下敷きになるという事故に遭い、緊急手術。その後、ICU(集中治療室)、HCU(高度治療室)を経て、一般病棟に入院中だという。

公式ツイッターでは「『脊髄損傷による両下肢麻痺』となり、自分の力で脚を動かす事が困難で今後は車椅子での生活となります」と病状を説明し、「退院後は仮面女子として活動を続け、これを事務所も支えていきます。これからも猪狩ともかを宜しくお願いします」と伝えた。

猪狩も同日、自身のブログを更新し、「主に負った怪我は、・瞼裂傷・頭部挫創・骨折(脚、肋骨、胸椎、腰椎) そして、・脊髄損傷 その影響で両下肢麻痺。私は歩くことはもちろん、自分の力で脚を動かすことすらできなくなってしまいました。治る可能性は極めて低く、今後、車椅子での生活を余儀なくされました」と詳しく説明。「体調・怪我は徐々に良くなり、今は自立した車椅子生活を送れるよう毎日リハビリに励んでいます。退院は今から約3ヶ月後の予定です」と記した。

そして、「ずっと心配してくださっている皆さんにまずは早く『私、大丈夫だよ!』って言いたくてもどかしい日々が続きました。でも私自身、状況を把握・受け入れるのに相当な時間が掛かりました」と葛藤を明かし、「自分自身が受け入れることに時間がかかったこと、ファンの皆さんに何とお伝えしたらいいか分からなかったこと、そんなことを考えていると、なかなか文章にまとめることができず、ご報告が遅くなってしまいました。ごめんなさい」と発表を決意するまでの思いをつづった。

また、「“歌って踊らなくなる時 = 卒業”としか考えたことがなかった私は、踊れない猪狩ともかを想像することができなくて。そんな状態の私に需要はあるのか。いったい何ができるのか」「絶望しました」と悩むも、「不思議と“仮面女子としての活動を辞める”という考えに至ったことは1度もありませんでした」とのこと。 「そう思わせてくれたのは支えてくれる周りの全ての人でした」とし、家族や友人、スタッフ、メンバー、ファンへの感謝をつづった。

「私は生きています。このことだけは何にも代えることのできない神様からのプレゼントだと思っています。その分試練も与えられたけど、きっと越えられない試練は与えないはず」と猪狩。「これからどんなことがあっても、向日葵のように上を向いて楽しくて幸せな人生を歩んでいく。そして毎日を丁寧に大切に生きていきたい」とつづり、「私は前を向いています。もう心配しないでね。これからも猪狩ともかを見守ってください。そして一緒に歩んでいければ嬉しいです。この先もずっと、よろしくお願いします」とメッセージを送った。

マイナビニュース

「仮面女子」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「仮面女子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ