『西郷どん』17話視聴率12.0% - 月照の入水秘話「気持ちで演じた」

5月7日(月)11時8分 マイナビニュース

俳優・鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 NHK総合20:00〜20:45 BSプレミアム18:00〜18:45/再放送 土曜13:05〜)の第17話「西郷入水」が6日に放送され、平均視聴率が12.0%だったことが7日、分かった(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

尾上菊之助

本編を休止して4月1日に放送された特別番組では初の1ケタ台となる9.7%。以降は13話13.0%、14話11.9%、15話13.4%、16話11.1%、17話12.0%と11〜13%の前後を推移している。

17話では、吉之助(鈴木亮平)と月照(尾上菊之助)が幕府の追っ手から逃れながら薩摩に身を隠すことに。斉彬亡き後、再び実権を握った斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)は幕府に刃向かう2人を日向に追放し、実質的には処刑を意味する処分を下す。大久保正助(瑛太)は吉之助の命を救うために斉興に直訴し、ある取り引きを申し入れる。

そんな友の思いを受け取り、月照と2人で身を投げた吉之助。SNS上でも「きれい」「涙出た」と話題になったが、月照を演じた尾上菊之助は「最期のシーンは、ただ気持ちだけで演じました。『心は死ぬと決めてても、身体が生きよう生きようとして、震えます』というセリフがありますが、修行を積んだ徳の高い月照さんでさえ、死の間際には生身の人間というものが出てくるんだなと思いますね。西郷さんとの深い深い心のつながりが、伝わっていればうれしく思います」(番組公式サイトより)と撮影を回顧。

吉之助役の鈴木亮平も、「いざ入水する瞬間は、月照さんを抱きしめて、その恐怖を和らげてあげたいという思いだったけれど、抱きしめた瞬間、自分の中でもとてもひとりでは死ねないような感覚がありました。ふたりだからこそ、覚悟ができたのかもしれません」「お芝居とはいえ、『命を絶つ』ということは、僕にとってものすごく心が苦しい時間でした」と感慨深げに話している。

マイナビニュース

「西郷どん」をもっと詳しく

「西郷どん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ