池上彰、水の飲み比べでまさかの不正解『そうだったのか!!』P裏話

5月7日(月)13時19分 マイナビニュース

ジャーナリストの池上彰氏が、最近大きな話題になっているニュースの数々、そして今さら「知らない」とは恥ずかしくて言えないニュースの数々を分かりやすく解説する『池上彰のニュースそうだったのか!!』。

5月5日(18:56〜20:54)の放送では、「いつの間にか変わったことSP」と題して、「横断歩道の縦線がなくなった!」「歩行者信号のデザインが実は変わっている!?」など、「いつの間に変わった?」と思われる様々なことを、その理由・背景とともに説明していった。

テレビ朝日の丹羽敦子プロデューサーは「大型連休中の放送ということで、家族で気楽に見られる企画を考えました。南北首脳会談が終わり、もうすぐ米朝首脳会談、日ロ首脳会談、サミットと大きなニュースの狭間の息抜き企画です」と今回の位置づけを語る。さらに「実は池上さん、こういう企画お好きなんですよね。信号とか食品とか、身近なネタを通して、政府の狙いとか社会の動きを解説するという、池上さんならではの高度な技が詰め込まれています」とのことだ。

放送では水道水とミネラルウォーターの飲み比べを行ったが、これは池上氏が「スタジオでやろうよ! 最近、東京の水道水はおいしいから、意外と分からないんじゃない?」と提案したことで実施に至ったという。ただ、丹羽Pは「収録当日の打ち合わせの時、池上さんもチャレンジしたんですが、言い出しっぺなのに、見事に外してました(笑)。実際かなりのグルメですし、自信満々だったんですけどね。『海外のミネラルウォーターはもっとまずいんだよ!』と謎の言い訳をしていました(笑)」と裏側を明かす。また池上氏は、水にはかなり気を使っており、海外取材でも国によってはミネラルウォーターで歯磨きを行い、飲み物も基本的に「氷なし」を頼むそうだ。

そして収録では「切符切り」でも大きな盛り上がりを見せた。池上氏もかなり懐かしかったようで、ずっとパチパチと遊んでいたという。「池上さんには『当時の改札、駅員さんは定期や切符の文字は見ずに、ずっと人の目を見てたんだよ。キセルとか不正乗車する人は目で分かるんだよ』とうんちくを語っていただきました。どんなネタにもうんちくを入れてくるところはすごいです」(丹羽P)。

次回(26日18:56〜)は「地図で見る! 世界の最新情報」と題して、「世界のアメリカ軍はどこにどのくらい駐留している?」「世界で独裁と言われる国は?」など、世界地図で見るとより分かりやすい世界の最新情報を解説していく予定だ。

マイナビニュース

「池上彰」をもっと詳しく

「池上彰」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ