『コンフィデンスマンJP』『シグナル』を世界にPR - MIPTV後編 (1) 80カ国以上で放送が決定

5月7日(月)6時0分 マイナビニュース

日本のドラマが世界に向けて売り出されている。長澤まさみ主演の『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)や、坂口健太郎主演『シグナル 長期未解決事件捜査班』(カンテレ・フジ系、毎週火曜21:00〜)など、現在放送中の4月クールの地上波ドラマが、4月にフランス・カンヌで開催された世界最大級のテレビ番組国際見本市「MIPTV」(ミップティービー)の会場に並んだ。

さらに、松雪泰子主演で、芦田愛菜の出世作と言われる『Mother』(日本テレビ)は、世界的ブームの兆しを見せていた。「MIPTV」レポートの後編では、世界で注目された日本のドラマを紹介する。

○古沢良太氏『コンフィデンスマンNY』にも意欲

フランス・カンヌ市内中心地にあるパレ・デ・フェスティバル・コングレを会場に、今年も4月に「MIPTV」が開催され、世界100カ国から約1万人の放送業界関係者が参加した。日本のテレビ局各局もブース出展し、日本のドラマなどを世界に売り出すため、各国との商談を重ねている様子が見られた。

フジテレビが目玉のひとつとして世界展開を狙っていたのは、現在放送中の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』。企画段階から異なる言語圏・文化圏の日中韓3カ国で同時制作するという日本のテレビドラマでは初の大規模な海外展開プロジェクトを進めていることを売りにした。すでに完成された全10話分の脚本をもとに、現在、韓国、中国それぞれの現地最大手のスタジオが現地版の脚本を手掛けているところで、韓国では『コンフィンデスマンKR』、中国では『コンフィデンスマンCN』のタイトルで、今後、放送が予定されている。

フジテレビのブース

このプロジェクトに協力した脚本の古沢良太氏自身も、今後の世界展開に期待を寄せている。その思いを伺った際に「まずはアジアからスタートしていますが、現地版制作を世界各国に広げることができればうれしい。『コンフィデンスマンNY』まで実現できればと思います」と答えていた。

一方、コメディ作品の場合、海外展開のハードルは上がる。文化の違いがネックになりがちだが、これについても古沢氏は前向きに捉えている。「難しいことを理解した上で、自分が得意な分野でチャレンジしようと思いました。『リーガルハイ』もコメディでしたが、アジアでは人気を得ることができましたし、僕のコメディはわりと文化の壁をこえて面白がってくれています」(古沢氏)。

"古沢良太脚本作品"としての価値がセールスにつながり、日本版『コンフィンデスマンJP』は80カ国以上で放送が決定している。日本での本放送前から売れたプリセールス作品としては過去最高だった『HERO2』を上回る実績だという。
亀梨和也主演『FINAL CUT』トルコでリメイクへ

カンテレのブース(左)と『僕のヤバイ妻』トルコ版のブース

また、カンテレは、ブース入口の最も目立つ場所に『シグナル 長期未解決事件捜査班』のポスターを大きく掲げて売り出していた。ドラマの世界展開に本格的に乗り出し始めた同局は、2017年のMIPTVで、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』が日本唯一の公式プレミア上映作品に選ばれ、同ドラマ出演の西島秀俊がレッドカーペットを歩き、話題を集めている。このことは、昨年のレポートで紹介した通りだ。

その後も実績を積み重ね、伊藤英明、木村佳乃出演の『僕のヤバイ妻』は、トルコ版のリメイクが今年3月25日から放送をスタート。そのトルコ版も、世界に向けてまさに売り出し中とあって、「MIPTV」の会場内をはじめ、カンヌ市の街中にも大型ポスターが設置されていた。さらに、今年1月クールに放送された、亀梨和也主演の『FINAL CUT』も、同じくトルコでのリメイク権販売が大筋合意し、トルコとの関係を強化させていた。

マイナビニュース

「コンフィデンスマンJP」をもっと詳しく

「コンフィデンスマンJP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ