旭化成キャンペーンモデル・北向珠夕、『週プレ』で人生初グラビア披露

5月7日(月)18時0分 オリコン

『週刊プレイボーイ』21号でグラビアデビューした北向珠夕(きたむかいみゆ) (C)桑島智輝/週刊プレイボーイ

写真を拡大

 第43代「旭化成キャンペーンモデル」に選ばれた北向珠夕(きたむかい・みゆ/18)が、7日発売の『週刊プレイボーイ』21号(集英社)に登場。人生初の水着グラビアで、緊張しながらもまぶしいプロポーションと輝く笑顔を披露した。

 アグネス・ラムや松嶋菜々子、現フジテレビアナウンサーの久慈暁子などを輩出した名門キャンペーンモデルに抜てきされた北向。実はこれが、事務所に入って受けた最初のオーディションだったということで、その逸材と強運ぶりに注目が集まっている。

 もちろん、身長170・バスト86・ウエスト62・ヒップ85という完璧なプロポーションも圧巻の一言。フジテレビ系『ミライ☆モンスター』の次回予告を担当する青森出身の美少女が、記念すべき初水着グラビアを名門『週プレ』で堂々と見せつけている。

 同号にはそのほか、有村架純AKB48高橋朱里、川崎あや、鈴木えりか、小倉優香などが登場。表紙は元Dream5でグラビアアイドルの大原優乃が飾っている。

オリコン

「キャンペーン」をもっと詳しく

「キャンペーン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ