大原優乃、人生初の台湾ではじけまくる アジアンな雰囲気に魅せられ新境地を開拓

5月7日(月)11時30分 オリコン

『週刊プレイボーイ』21号に登場した大原優乃 (C)桑島智輝/週刊プレイボーイ

写真を拡大

 元Dream5でティーン誌『LOVE berry』専属モデルの大原優乃(18)が、7日発売の『週刊プレイボーイ』21号(集英社)の表紙と巻頭グラビアに登場。初の台湾ロケで、はじけた笑顔をたっぷりと披露した。

 大原はDream5のメンバーとして2014年に大ヒットした「ようかい体操 第一」で『NHK紅白歌合戦』に出場し、「第56回日本レコード大賞」話題賞を獲得。16年のグループ活動終了後はモデルや女優と並行してグラビア活動をスタートし、先月発売した1st写真集『ゆうのだけ』はヒットを記録している。

 今回のグラビアのテーマは「南国少女の台湾旅」。台北近郊のビーチ、極彩色のホテル、川原の温泉、余市など、アジアンな雰囲気に魅せられた大原は、はじけにはじけて大満喫。セクシーな水着やヘルシーなビキニもまとい、Fカップボディを余すことなく見せつけた。

 なお、大原のデジタル写真集が、同誌公式サイト「週プレnet」で配信中。

 同号にはそのほか、有村架純AKB48高橋朱里、旭化成キャンペーンモデルの北向珠夕川崎あや、鈴木えりか、小倉優香などが登場する。

オリコン

「台湾」をもっと詳しく

「台湾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ