元木大介、“チャンスに強い男”健在 中学生投手相手に快音

5月7日(月)6時0分 オリコン

『ビートたけしのスポーツ大将2時間SP』の「野球対決」で活躍した元巨人の元木大介(中央)(C)テレビ朝日

写真を拡大

 6日にテレビ朝日系で放送された『ビートたけしのスポーツ大将2時間SP』の「野球対決」で、元巨人の元木大介が、現役時代、バット1本で切り抜けてきたチャンスに強い男の面目躍如の活躍を見せた。

 「野球対決」は、中学生ピッチャーが、トーマス・オマリー(元阪神・ヤクルト)、古田敦也(元ヤクルト)、桧山進次郎(元阪神)、仁志敏久(元巨人)、松中信彦(元ソフトバンク)ら9人の元プロ野球強打者“レジェンドナイン”と対戦。9人を連続してアウトにできるか、という勝負。

 マウンドに上ったのは、鹿児島No.1ピッチャーの呼び声高い中学3年生・乗田元気くん。古田、仁志、オマリーら7人を連続して抑え、迎えた8人目。バッターボックスに立った元木は、見事レフト前ヒットを放ち、存在感をきっちりとアピールした。

 元木は『スポーツ大将』2度目の参戦で、前回は2月4日放送の「野球対決」に、松田宣浩(ソフトバンク)、西川遥輝(日本ハム)の現役選手2人と参戦。中学生最強ピッチャーを相手に今一つだった現役2人に対して、きっちりとプロの意地を見せつけ“くせ者”ぶりを発揮した。

 今回もレジェンドナインの“窮地”を救い、次世代アスリートキラーとなってしまった感のある元木。本人は「この番組に出るときは本気ですよ。真剣にやらないと、子どもたちのためにもならないし、テレビ的にも面白くないですから」と、プロ意識をのぞかせた。

 「前回は松田(宣浩)がまったく頼りなかったから(笑)。今回は先輩方、後輩たちも含めて9人いましたから気持ち的には楽でしたが、三冠王(松中)がひどかった(1三振を含むノーヒット)(笑)。福岡から何しに来たんだって(笑)。今回の中学生もみんないいボールを投げていました。古田さんも言っていましたが、プロのOBを本気にさせるというのはやっぱり力があるから。でも、対決は面白いです。個人的には前回も打たせていただきましたし、今回も打ったので、ちょっとレジェンド風を見せることはできたかな、と思います(笑)」と、ご満悦。

 次世代を担う若者たちには、「彼らは全国でもすごい中学生ピッチャーですが、僕らOBに打たれて『まだまだやらなきゃいけない』という気持ちになって欲しいし、抑えたからと言って『自分はすごいんだ』とならないで欲しいですね。彼らは将来の宝ですから」とエールを送っていた。

 次回、13日は午後6時30分から2時間半スペシャルで放送。

オリコン

「元木大介」をもっと詳しく

「元木大介」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ