アイドル「スリジエ」の15歳・山本あこ、映画初主演 共演の温水洋一&つぶやきシローも初々しい演技を評価

5月7日(月)19時44分 オリコン

映画『いま、出ました』のプレミアム上映会より。左からつぶやきシロー、山本あこ(スリジエ)、青葉桃花(スリジエ)、温水洋一(C)Deview

写真を拡大

 全国1万人のなかからオーディションで選ばれた17人で結成、昨年12月にデビューしたばかりの正統派アイドルグループ「スリジエ」。その中心メンバーの山本あこが主演を務め、メンバーも多数出演する映画『いま、出ました』が完成し、プレミアム上映会が開催された。ステージには映画に出演したつぶやきシロー温水洋一も登壇。初々しいアイドルたちを盛り上げた。

 物語は、秋葉学園高校演劇部の定期公演本番当日、顧問(温水洋一)が差し入れた手作りのお菓子で、主演のあかり(山本あこ)以外の出演者全員がお腹を壊して公演に出られなくなったことから始まる。初主演の舞台を何としてでも成功させたいあかりは、たまたま出前を届けに来たそば屋の宗次郎(つぶやきシロー)をスカウトし、開演に漕ぎつける。しかし、宗次郎が呼んだ助っ人の乱入で舞台は大混乱…ドタバタの劇中劇が展開される。

 今回映画初主演を務めた山本は「初めての主演だったのですごく緊張して、本番前に泣きそうになったりしたんですけど、諦めずに頑張りました。私が演じたあかりとは雰囲気とか性格が似ているので、自分とリンクさせて演じました。面白い作品になっているので、ぜひ寝ずに最後まで見てください」と挨拶した。

 上映後の囲み取材では「初主演映画ということで楽しみにしていて、今日初めて観たんですけど、面白く楽しく仕上がっていて、この作品で初主演ができてよかったなって思いました!」と屈託のない笑顔で語る山本に、つぶやきシローは「自画自賛だね〜」とツッコミを入れつつも「(山本は)すごい頑張ってましたし、撮ったときは14歳でしたっけ? 台本も持たず、セリフもばっちり頭に入っていて、佇まいも『私、女優よ』って感じだったので。雰囲気はいっぱしの女優さんでした」と、堂々とした姿を称賛した。

 温水も「『先生。大変です!』みたいに走りこんでくるシーンとかでも、本当に息を切らして走ってきて、そういうところはリアルでよかった。背伸びせずに等身大の10代の演技を見せてくれました」と、とにかく初々しく全力でぶつかってくる新人女優を、ベテランとしてしっかり受け止めていた。

 11月にはZeppダイバーシティ東京でのワンマンライブも決定しているスリジエ。「ぜひご招待したいです!」と二人にもライブに来てもらおうとお願いすると、「11月の話?」と一瞬ひるむも、温水は「早めに案内いただければ」と前向き。つぶやきシローも「エンディングの曲もスリジエが歌ってるんでしょ? あれは頭に残るんだよね。演技の時とは違う顔を見てみたいです」と興味を持っていた。

オリコン

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ