「食べられる容器」などインスタ映え最新おしゃれスイーツ

5月7日(日)16時0分 NEWSポストセブン

14種類のコーンショット×10種類のドリンクで好きな組み合わせが楽しめる

写真を拡大

 近頃、インスタ映えするグルメやスイーツを投稿するのが流行っている。そんな中、海外から上陸した話題の2店を紹介しよう。まずは、L.A.発の『Anywhere Door』。


「食べられる容器」として海外のSNSから人気に火がついたスタイル“コーンショット”は、内側をチョコレートでコーティングしたコーンに、コーヒーやラテを入れて飲みながら食べられる最先端スイーツ。店名は『どこでもドア』の意。店内はインスタを撮るお客さんでいっぱい。


 まずはドリンクを飲んでからカップを食べる。カップの底にはチョコクリームやマシュマロがたっぷり。(写真右から)ラズベリー×チョコクリームのコーンショット+抹茶フレーバーのフルーベット 810円、ピーナッツ×キャラメルのコーンショット+カフェラテ680円。


■Anywhere Door(エニウェア・ドア)

住所:東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG1A

営業時間:11〜19時 無休


 続いては、台湾発の人気スイーツ店『台湾カフェ zen』をご紹介。宝石のように輝く、台湾で大人気のハーブティー・バタフライピーをはじめ、日本向けにアレンジしたメニューが揃う。クレープ生地にエビや野菜などを巻いて食べるタンピンや、まんじゅうの生地に肉をはさんだクワパオなど、軽食メニューも充実している。


 口の中でふんわりと溶けるマンゴーかき氷の上に、フルーツやタピオカなどをトッピングした『台湾パラダイス豪華版(花火付き)』は2980円。


■台湾カフェ zen

住所:東京都渋谷区神宮前4-25-35 原宿メイプルスクエア2F

営業時間:11〜21時(20時半L.O.) 不定休


※女性セブン2017年5月11・18日号

NEWSポストセブン

「スイーツ」をもっと詳しく

「スイーツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ