差別語の不可解、ノートルダム大聖堂の火災事故で想起

5月7日(火)16時0分 NEWSポストセブン

評論家の呉智英氏

写真を拡大

 放送で使用が禁止されていたり、新聞や出版物で使われることが推奨されない言葉がある。いわゆる「差別語」とされるものだ。評論家の呉智英氏が、パリのノートルダム大聖堂火災事故のニュースに接して喚起された、差別語の不可解について論じる。


 * * *

 ノートルダム大聖堂の火災事故を報じる四月十六日付朝日新聞夕刊を読んで、私は思わずにやりと笑った。大聖堂の解説にこうあったからだ。


「『ノートルダムのせむし男』など、映画の舞台にもなった」


 朝日新聞は三十年ほど前にはこれが書けず、『ノートルダムの男』という珍妙なゴマカシ表現をしていたのに。映画の原題はHunchback of Notre Dameである。


 この有名な映画は、マンガにも翻案されている。ちばてつやのデビュー作『復讐のせむし男』である。十七歳の少年の作品とは思えない出来栄で、後の活躍を予言しているようだ。しかし、これは長く復刻されず、二〇〇三年に復刻された時も、書評では全く取り上げられなかった。


 そのちばてつやの『ひねもすのたり日記』は、昨年手塚治虫文化賞特別賞を受賞した興味深い自伝マンガだが、その中に気になる記述がある。ちば少年は家族とともに満洲で終戦を迎え、ロシヤ兵や支那人暴徒に怖い目に遭う。日本人の工場長がこう言う。


「ゆうべはロスケ(ロシア兵の蔑称)に西棟の社宅が襲われた」


 欄外にもさらに免責注がつく。


「『ロスケ』はロシア人に対する差別表現であり、現在は使いませんが、ここでは当時の時代背景を伝えるために使用しております」


 一方、避難民がこう発言する。


「日本の警察はいつも威張って…中国人からにくまれていたから」


 当時、普通の日本人で支那人を中国人と呼んだ者はいないはずだ。ここでは「時代背景を伝える」必要はないのだろうか。私が全共闘の学生だった頃から半世紀言い続けてきたように、世界共通語である「支那」はそもそも差別語ではない。終戦期の言論統制で「差別認定」されたのだ。ロシヤ人をロスケと呼ぶのは明白な差別だが、それでも免責注を付ければ許される。支那人を支那人と呼ぶのは免責注を付けてさえ許されない絶対的差別語なのだろうか。


「ヤングマガジン」連載中の三田紀房『アルキメデスの大戦』は大東亜戦争中の海軍と陸軍の確執を描いた歴史マンガだが、全篇中「支那」が一箇所も出てこない。驚いたことに、東條英機までが参謀長室で若手科学者にこう言う。


「君の試みは失敗した。中国侵攻はさらに続くのだ」(五月六日号)


 中国侵攻って、豊臣秀吉か。


 きゅっきゅぽんという女性マンガ家の『星間ブリッジ』は、戦時中上海に渡った少女と支那人少年の友情物語だが、登場人物たちは最初から最後まで「支那人」と口にしている。当然のことである。


 野田サトル『ゴールデンカムイ』は、明治期の元軍人とアイヌの少女の物語で、やはり昨年手塚治虫文化賞大賞を受賞した。冒頭、主人公はこううそぶく。


「露スケの白いケツをかじってでも俺は生き抜いてやる」


 これは免責注なしである。


 出版界は何を恐れているのか。以上挙げた作品は全部名作である。


●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。近著に本連載をまとめた『日本衆愚社会』(小学館新書)。


※週刊ポスト2019年5月17・24日号

NEWSポストセブン

「差別」をもっと詳しく

「差別」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ