マイリー・サイラス、過去の恋愛において「女性とも関係を持った」と告白。

5月7日(木)21時55分 Techinsight

マイリー「常にストレートだったわけじゃない」

写真を拡大


マイリー・サイラスは、かつて俳優リアム・ヘムズワースと熱愛を経て婚約に至るも解消。最近ではシュワ家のイケメン長男パトリック・シュワルツェネッガーと交際したものの、数か月で破局したことが話題になった。それだけに“マッチョ系イケメン”がタイプなのかと思いきや、過去には「ストレートじゃなかった時期もある」という。

このほどマイリー・サイラスが『AP通信』の取材に応じ、「過去の恋愛全てが“ストレートな異性愛”だったわけではない」と告白した。ニック・ジョナス、リアム・ヘムズワース、パトリック・シュワルツェネッガーらとの交際が有名なだけにストレートかと思いきや、マイリーは“過去の混乱状態”をこう明かす。

「別に男の子になりたかったわけじゃないの。」
「でも男にも女にもなりたくなかった。女子や男子の定義や特徴ってものに、私は共感できないのよ。」

またマイリーは「女の子でいるのが嫌なわけでもない。ただそういうレッテルが嫌いなの」とも語っている。

マイリーは過去に、ケイティ・ペリーの唇にキスして嫌がられたことや、ブリトニー・スピアーズのショー会場で美人ダンサーを相手に濃厚に絡んだこともあった。そのためレズビアン化、バイセクシュアル化を大きく報道されていたが、本人には「相手は男じゃないと…」といった“こだわり”はなかったようだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

マイリー・サイラスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ