明暗を分けた理由がわかった!有村架純と能年玲奈、「NG項目」はこんなに違う

5月8日(金)9時9分 アサ芸プラス

 女優・有村架純が金髪の女子高生を演じる映画「ビリギャル」が5月1日に公開された。この映画では有村の金髪姿だけでなく、本人が「(スカートを)履いてないかと思った」と語るほどのミニスカート姿に挑戦し、多くの話題を集めている。
「有村は人気若手女優の中でも演技に対してNGが少ない。例えば、月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)では溝端淳平とベッドシーンに挑戦したり、『スターマン この星の恋』(フジテレビ系)では五十代の國村隼と通常のキスとは異なる、濃厚なキスシーンを演じファンに衝撃を与えました。そんな体当たり演技が評価され、彼女の元にオファーは殺到した」(芸能記者)
「あまちゃん」(NHK)出演時は主演の能年玲奈ばかりに注目が集まっていたが、現在のメディア露出は有村が逆転する形となっている。
「『ビリギャル』で金髪女子高生を演じた有村ですが、能年は『ホットロード』でヒロインを務めた際、原作ヒロインは金髪にも関わらず映画では薄い茶髪止まりだった。また能年といえば昨年、バラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演した際にキスシーンをNGにしていると本人が発言しているように、今までの作品では画面に唇が映らないよう擬似キスシーンしかありませんでした。このように有村と比べると、能年は制約が多すぎたのも2人の差が開く理由となった」(前出・芸能記者)
 さらに、現在は演技指導の知人による洗脳騒動の渦中にある能年。2人が再び共演する日はやってくるのだろうか。

アサ芸プラス

「有村架純」をもっと詳しく

「有村架純」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ