グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(8)美バスト編1位〜10位…“モグラ女子”久松郁実が表紙女王に

5月8日(月)5時59分 アサ芸プラス

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 この部門は「Fカップまで」を基準としながら、バランスとしては実にビューティフルな逸材たち。ほどよい大きさの魅力を見よ!

1位・久松郁実(165センチ B83・W59・H86)

 ファッション誌の“モデル”でありながら、“グラビア”にも積極的に進出──今のトレンドである「モグラ女子」のトップランナーは、表情にも野性味を増して、さらに表紙クイーン。

2位・柳ゆり菜(165センチ B84・W60・H86)

 公開中の「チア☆ダン」、5月には主演作の「ヴァンパイアナイト」が控えるなど、女優としては絶好調だがグラビアも同じく堅調。

3位・白石麻衣(161センチ B81・W59・H84)

 セカンド写真集「パスポート」は、発売前から重版が続き、異例の13万部超え。原動力となったのは、みごとな横からの美バストSHOT。

4位・吉岡里帆(158センチ B82・W60・H85)

 NHK朝ドラ「あさが来た」に続いて、魔性の女を演じた「カルテット」(TBS系)も高評価。水着の仕事は苦手と言うが、まだまだ両立を望みたい。

5位・石原佑里子(160センチ B90・W58・H92)

「日本一バストがきれいな女子大生」としてブレイク寸前だったが、4月に突然の引退発表。直前にネットに流れた“疑惑の映像”が原因なのだろうか。

6位・根本凪(150センチ B90・W57・H85)

 アイドルユニット「虹のコンキスタドール」の一員で、グラビア展開も積極的。まだ18歳という若さに、今後の成長がワクワクだ。

7位・都丸沙也華(157センチ B88・W60・H84)

 抜群のスター性が発揮されたのは、昨夏の「モンスターストライク」の真っ赤な水着CM。ざわめく予感は、もちろん今年も続行中。

8位・長澤茉里奈(153センチ B82・W52・H83)

「合法ロリ巨胸」で知られ、「まりんちゅ」の愛称で親しまれたが、昨年末に事務所を退所。魅惑のFカップの行方はどうなるのか?

9位・浅川梨奈(159センチ 推定85センチ・Eカップ)

「1000年に1度の童顔巨乳」は、この春でようやく18歳になったばかり。まだまだ鮮度はキープしつつ、広がる活動に期待。

10位・今野杏南(156センチ B86・W59・H83)

 意外に背は高くないが、全身のバランスの良さは錯覚を起こさせる。グラビアはベテランの域に入ってきたが、まだまだ売れ行きは好調。

アサ芸プラス

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

BIGLOBE
トップへ