山口達也事件で再燃!菊間元アナが自死を考えるほど追い込まれた過去とは?

5月8日(火)17時58分 アサ芸プラス

 強制わいせつ容疑で書類送検された山口達也が、起訴猶予処分となったことに関して、元フジテレビアナウンサーで現弁護士の菊間千乃氏が、5月2日放送の情報番組「ビビット」(TBS系)でコメントした。しかし彼女の出演にジャニーズファンが激怒していたという。

「菊間さんは山口の処分に関して『保留にしておくと報道が過熱する』『被害者の方が一刻も早い平穏を取り戻すため、異例の早さでの処分になったのだと思います』と弁護士としての見解を語りました。しかし番組放送中、ネットでは『あなたが山口クンのことを語らないで!』『どの口が言ってるの?』とジャニーズファンから批判が殺到していました」(テレビ誌記者)

 菊間氏といえば、フジテレビアサウンサー時代の2005年、アイドルグループ・NEWSの当時未成年のメンバーAに、飲酒させたとして大きな問題となった。その後、Aは泥酔し公園で暴れているところを警察に補導され無期謹慎となり、菊間氏はフジを退社している。そんな当時の事件の印象が強いため、山口の騒動を語った彼女に怒りを覚えるジャニーズファンが多いようだ。

 しかし実際は、菊間氏がAに酒を飲ませた事実はないという。

「当時の報道では、菊間さんがAを誘って泥酔させたという情報だけが拡散され、彼女に大きなバッシングが集まりました。ですがAは、別の場所ですでにお酒を飲んでおり、他のスタッフが同席。菊間さんとは場所が離れており、ほとんど絡んでいなかったようです。14年に行われた、やはり元フジアナの報道キャスター・長野智子との対談でも、菊間さん本人が、Aに酒を飲ませたことを否定しており、『会社に行ったら、私だけのせいになっていたので、すごくビックリした部分はありました』と、すべて彼女のせいにして収束を図ろうとする動きがあったそうです。この事態に当時の菊間さんは、自死を考えるほど追い込まれていたと語っています」(芸能記者)

 その後、フジを退社し、現在は弁護士として成功した菊間氏。過去の誤解が、一刻も早くとけることを願うばかりだ。

アサ芸プラス

「山口達也」をもっと詳しく

「山口達也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ