注目ワードレアル・連覇 ココイチ・登場 明石家さんま・芸人 貯蓄額・TOPは東京じゃなかった 木口亜矢・逮捕 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

新生“スーパーマン”ヘンリー・カビルの素顔は…「マン・オブ・ハート(心の男)」

cinemacafe.net5月8日(水)21時7分
彫りの深い顔立ちにシャツからのぞく分厚い胸板と丸太のような二の腕。「ギリシャ彫刻のような」という形容がこれほど似合う男もほかにいないだろう。「実は撮影の期間中はもっと筋肉の量もあったし、体ももっと大きかったんだよ」と明かすのはヘンリー・カビル。『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーランを製作総指揮、『300[スリーハンドレッド]』のザック・スナイダーを監督に迎え、あの“スーパーマン”の新たな物語として期待と注目を集める『マン・オブ・スティール』で主役を務めている。物語の全貌に関してはいまだベールに包まれたままだが、この夏の日本公開を前にひと足早く来日した彼が、その一端について明かしてくれた。

ウディ・アレン監督の『人生万歳!』、ギリシャ神話を題材にした『インモータルズ 神々の戦い』などに出演してきたヘンリーだが、今回の『マン・オブ・スティール』はキャリア最大規模の作品となる。実は、過去には『007』のジェームズ・ボンド役をダニエル・クレイグらと最後まで争いながらも「若すぎる」ということで逃し、さらに『トワイライト』シリーズでは、原作者のお墨付きを得ながらも今度は「年齢が高すぎる」という理由で美しきヴァンパイア・カレン役をロバート・パティンソンに譲るという苦い経験を味わってきた。

英国の最大のヒーロー役を逃した男が、アメリカが生んだヒーローの中のヒーローの役を勝ちとるとは、何とも不思議な巡り合せだが、同時に彼には「初めてアメリカ人以外でスーパーマンを演じる男」という枕詞がついて回ることになった。「英国人の僕がこの役を演じることに関して、いろんな意見があることは承知してるし、スーパーマンがアメリカのアイコンとも言える象徴的な存在であることも理解しているよ」。柔らかな笑みを崩すことなくヘンリーは続ける。

「でも俳優という仕事の素晴らしいところは、いろんなキャラクターになりきることができるということだと思うんだ。キャラクターがどこの出身であっても、そして僕がどこの生まれであろうと、その人物の歩んできた人生を理解して役になりきるわけだからね。これだけ有名なキャラクターを演じる素晴らしい機会だとも受け止めたよ。それに、彼(=スーパーマン)はアメリカ育ちだけど、生まれは惑星・クリプトンだしね(笑)。そういう意味で国籍は関係ないと思ったし、楽しんで演じられたよ」。

ちょうど先日、5月5日(現地時間)に節目の30歳の誕生日を迎えた。「でも、まだ公開されてないから、少しぐらい酔っ払っても大丈夫だろうし、盛大に祝いたいね(笑)」とおどけるが、本作が公開されることによる、自らを取り巻く環境の来たるべき“変化”を冷静に見据えている。

「まずは映画が期待通りの成功を収めることを祈ってるよ。これだけの大作だから、どうなるのかワクワクしているし、僕の世界が変わることもある程度は覚悟してる。でも、それ自体を悪い事だとは思っていないんだ。大変なところは流れに身を任せつつ、同時に素晴らしいこともたくさんあると思う。楽しみつつ、人生がより深く豊かになっていくんじゃないかと思ってるよ」。

“マン・オブ・スティール(鋼の男)”を演じたが、素顔の自身は「マン・オブ・ハート(心の男)」だと言う。

「心の繋がり——支えてくれる家族や友人を何より大切にしているんだ。それから、仕事の上では与えられた任務に対して、絶対に諦めないし、どんな困難をも乗り越える強いハートを持っているよ。もちろん、それが可能なのはやっぱり愛する家族のサポートがあるからというところに戻るんだけどね」。

それでは、まもなく完成が待たれる映画の中身について。彼自身もまだ完成した作品を観たわけではなく、またいまの段階で話せることも限られているのは承知しているが、ずばり過去の『スーパーマン』との違い、そしてヘンリー自身が驚きを感じた部分は?

「最初に脚本を読んだときも、そして完成した映像の一部を観たときも感じたのは、ストーリーの語り口における“知性”かな。決してスーパーマンありきの映画ではないんだ。この地球上に現れた超人的な能力を持った人物の運命、彼が周囲に与える影響や、彼の能力に気づいた周囲がどんな反応を示すのか? そういったことが非常に人間的でエモーショナルな物語として描かれているよ。観ている人がその世界に入り込んだような体験をしてもらえると思うし、それはこれまでのヒーロー映画にはなかった感覚だと思うよ」。

バットマンという、これまたアメリカを代表するヒーローの物語を誰もが予想しなかった別次元の作品に仕上げたノーランと、『300』、『ウォッチメン』など実写映画でありながらも非現実的なビジュアルを作り上げてきたスナイダー監督。希代のクリエイターの世界のがどのような形で融合しているのか気になるところだが…。

「一つ言えるのは、この映画は『まさにザック映画だ!』ということ。もちろん、ノーランも作品の設計段階から関わっているし、作品の“頭脳”はノーランだと言える。一方で脚本、そして語り口という点に関しては間違いなくザックのものだ。これまで僕たちが観てきたザック・スナイダーの作品のビジュアルは“ハイパー・リアリズム”とも呼べるようなものだったけど、今回に限ってはそれともまた少し違っていて、現実的な世界や宇宙に根差しているんだ。それでもビジュアルの“パンチ”はしっかりと利いているよ!」。

想像が及ばないながらも、言葉による説明を聞いただけでもワクワクさせられる世界。その中でヘンリー・カビルがどのような躍動を見せているのか? 期待して待ちたい。

(photo / text:Naoki Kurozu)

マン・オブ・スティール
Copyright (C) IID, Inc. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

cinemacafe.net

関連ワード

注目ニュース
さんま、カトパンとの恋の噂に本音!? 「付き合いたいし、抱きたい」 RBB TODAY5月27日(日)0時11分
明石家さんまが、26日放送の『さんま&女芸人お泊り会〜人生向上の旅〜』(フジテレビ系)の中で加藤綾子アナウンサーとの恋の噂に言及。本音を語…[ 記事全文 ]
武井壮、山口達也と同じマンションとの報道否定 日刊スポーツ5月26日(土)22時7分
タレントの武井壮(45)が、元TOKIOの山口達也(46)と自身が同じマンションに住んでいるとの報道を否定。また、自身に対する「なぜ芸能界…[ 記事全文 ]
木口亜矢、夫の逮捕受け謝罪「予期せぬ出来事に戸惑い」 オリコン5月26日(土)22時32分
タレントの木口亜矢(32)が26日、夫で社会人野球の三菱重工広島に在籍する堤裕貴容疑者(24)が公然わいせつ罪で逮捕されたことを受け、自身…[ 記事全文 ]
日大アメフト会見の司会は「やらせ」?宮根誠司が指摘 まいじつ5月26日(土)10時1分
(C)まいじつ日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチが開いた記者会見で、司会進行を務めた日大関係者の“塩対応”が各…[ 記事全文 ]
完全引退へ!小室哲哉が“負けを認めた”アーティストとは アサジョ5月26日(土)10時15分
1月の引退会見後も音楽活動を続けていた小室哲哉が、5月上旬から都内の病院で入院生活を送っていたことが明らかになった。「突発性難聴で片方の耳…[ 記事全文 ]

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア