しっかり食べても太らない! 医学的に正しい痩せかた

5月8日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

まるで“浮き輪”のようなお腹まわり・・・このポッコリお腹をなんとか凹ませたい。

でも、「あんまり頑張らずに」ってのが人情ですよね。

運動すれば痩せるのはわかってる。けれど、それができない。やりたくないんですよね。

わかってます、わかってますとも!

その体脂肪、運動ナシでも落とせる方法を教えましょう。



運動なんて、まっぴらごめん!

それでも大丈夫です


 お腹まわり、気になってますか?

 あなたの体に蓄えられた体脂肪には、大きく分けて「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があります。

 簡単にいうと、こういうことです。


●つまめる脂肪=皮下脂肪

●つまめない脂肪=内臓脂肪


 このうち、お腹まわりをシェイプアップするためのポイントは、お腹を内側から出っ張らせている内臓脂肪です。

 貯金にたとえると、こういうことになります。


●皮下脂肪は簡単におろせない「定期預金」

●内臓脂肪はすぐに取り出せる「貯金箱」


 ですから、すぐに落ちやすい内臓脂肪が、お腹まわりを引き締めるカギになります。


「運動なんて、まっぴらごめん!」


 それでも結構です。

 ひもじくなるようなカロリー制限は必要ありません。

 お腹いっぱい食べてもいいです。筋トレもジョギングも、しなくていいです。

 糖質制限と1日2食の“半日断食”の組み合わせで、最初の1週間で体重2〜3kgがストンと落ちて、その後、適正体重になったところでずっとキープ。ポッコリお腹は、気づけば見事に凹んでしまいます。

 そして、もう二度と太りません!

 もうすぐ70歳にして20代の頃の体重をキープしている私自身が実証しています。


 お腹も心も満たされるから長続きする、挫折知らずの「食べトレ」で、ポッコリお腹にサヨナラしましょう!





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「医学」をもっと詳しく

「医学」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ