明大新図書館 カフェ併設で読書もはかどる?

5月8日(火)11時56分 J-CASTニュース

快適な環境を備えた「滞在型図書館」

写真を拡大

   明治大学は2012年5月1日、和泉キャンパス(東京・杉並区)内に新図書館をオープンした。




「入ってみたくなる図書館」とは?



   「入ってみたくなる図書館」をコンセプトに設計された新図書館は、スタイリッシュな外観とともに、ホテルのラウンジを思わせる開放感あふれた館内空間が特徴だ。テーブル席やソファ席、ブース席など用途に合わせた約1200の閲覧席に加えてカフェも併設しているので、コーヒーを飲みながらゆっくり読書を楽しめる。また、すべての書棚は通常よりも4度傾いており、震災の際もすぐに本が落下しない仕組みになっているという。


   1階には、外部貸し出しも行う多目的ホールが、2〜4階には窓際にアート本などを並べたガラス張りの「積層集密書庫」が設けられている。


   蔵書数は約30万冊からスタートし、最終的には約60万冊にまで増やす予定。


   学生や教職員以外に、杉並区民(20歳以上)も登録すれば利用できる。



   開館時間は平日8時30分〜22時、土曜8時30分〜19時。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「図書館」をもっと詳しく

「図書館」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ