ジョン・ヨンファ(CNBLUE)、日本武道館公演を収録したライブCD、6月発売

5月7日(木)16時3分 KEJNEWS

【7日=KEJ片岡実香】バンドグループCNBLUEのボーカリストジョン・ヨンファがアルバム「ある素敵な日〜 Japan Special Edition 〜」を引っ提げて、3月より行っているコンサートツアーのアンコールライブが5月6日、日本武道館にて行われた。そしてこの公演の模様が収録されたライブCD「JUNG YONG HWA 1st CONCERT in JAPAN “One Fine Day” Live at BUDOKAN」、3月28日の公演の模様を収めた映像作品「JUNG YONG HWA 1st CONCERT in JAPAN “One Fine Day”」が6月24日に発売されることが決定した。

6日に行われた公演は、単独で初の日本武道館ステージということもあり、発売直後にチケットはソールドアウト。1曲目の「あなたがいなくても」でスタートすると、続く「思い出は残酷に・・・」で「One Fine Day〜!Make some noise〜!」とヨンファがシャウティング、客席のテンションは急上昇した。

「こんばんは、ジョン・ヨンファです。たくさん来てくれてありがとうございます。今年はソロアルバムも出して、ソロツアーもできて、とてもラッキーな年です。感無量です。みなさんがいてくれて光栄です」と感謝の気持ちを述べると、今回武道館のステージのためだけに用意したMaroon 5「Payphone [Explicit]」とBruno Mars「Treasure」を立て続けに披露、ヤン・ドングンとのコラボでも大きな話題となった「Mileage」では小さなハートマークを胸から取り出す仕草に、客席から大きな歓声があがった。

「feeling」ではヨンファのピアノ弾き語りからスタートしながら、後半は武道館スペシャルロックバージョンにアレンジされ、「feelingは歌詞がすごく好き。今回は新しくアレンジして、みなさんにプレゼントしたかった」とコメント。ヨンファにとって、この武道館でのステージが、より特別なものであることを感じさせた。その後、「僕にはみなさんのエナジーが必要」と、客席に手を向けながら“元気”を集める仕草を見せ、大きな“元気玉”を手に、ユン・ドヒョンとのコラボ曲「元気玉」をうたい上げた。

「みなさんと僕とのパーティーです!It’s time to dance」というコメントと同時に「Can’t Stop」から始まる今ツアーのハイライトであるメドレーステージでは、ステージ上にわざと倒れこみ、“僕に元気をくれ!”と言わんばかりにファンから声援をあおり、ファンとのコール&レスポンスを思い切り楽しむヨンファ。

さらに今回のツアーで名台詞ともなった「Goodnight Lover」での“夢で逢いましょう〜”で第1幕の幕を締めると、アンコール後の「星、あなた」では韓国語の歌詞を日本語に変え、「会いたい〜!」と叫びながら、とびっきりの笑顔を見せた。

「武道館でジョン・ヨンファのライブができて、とてもうれしいです。この武道館でのライブも一生懸命やりましたが、ひとつひとつのライブが大事です。これからも一生懸命やるので、一緒にいいライブを作りましょう。大変な時もあるけど、みなさんがいるから今のジョン・ヨンファがいます。今日がみなさんにとって“素敵な日”になったらうれしいです」と、感動で言葉を詰まらせながらコメント、アルバムのリード曲「ある素敵な日」をラストソングに、ジョン・ヨンファ初の日本単独コンサート「JUNG YONG HWA 1st CONCERT in JAPAN “One Fine Day”」のファイナル公演の幕を締めくくった。

一方、ジョン・ヨンファの所属するCNBLUEは、6月に約1年ぶりとなるファンミーティング「CNBLUE OFFICIAL FAN MEETING 2015 BOICE"夏祭り"」が開催する。(写真提供= Warner Music Japan Inc.)

KEJNEWS

ライブをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ