CRAYONPOPアメリカ有名コメディサイト「ファニー・オア・ダイ」出演

5月8日(金)14時5分 KEJNEWS

【8日=KEJ金善花】世界的スターと海外の有名人が出演して話題を集めているアメリカの有名コメディサイト「ファニー・オア・ダイ」にCRAYON POPが単独主演したエピソードが公開された。

韓国歌手としてはf(x)、4Minuteのヒョナに続き3番目の出演となるが、単独主演はCRAYON POPが初めてである。

このサイトはハリウッドスターウィル・フェレルとアメリカの大手エージェンシーCAAが共同創立した有名コメディサイトで07年4月にオープンしてから毎月2000万人の利用者と6000万回の映像再生回数を誇っている影響力のあるサイトだ。

これまでジャスティン・ビーバー、ヒラリー・ダフ、ナタリー・ポートマン、シャーリーズ・テロン、アン・ハサウェイなど世界的人気スターやアーティストはもちろん、クリントン前大統領、テニス選手のジョン・マーケンなど様々な有名人も出演して話題となった。

8日に公開された「Can’t Stop Crayon Pop!」でCRAYON POPは最新曲「FM」のコンセプトに合わせて女戦士として出演した。

この作品はビーファニースタジオが製作した。ビーファニースタジオは、スティーブン・ヨンとサンダラ・パク、ナナ、ヒョナなどハリウッドやアジアスターと共同で参加するコンテンツを継続的に製作しており、最近ではイ・ビョンホンが出演した映画の予告編パロディ『ラッシュアワー4&フェイスオフ2』を製作し、話題を集めた。

特に今回公開されたエピソードは、CRAYON POPが3月に招待された音楽フェスティバル「サウスバイサウスウェスト(SXSW)」の際に撮影されたものである。 ライブ公演や流行の中心であるテキサス州のオースティン6番街でのストリートライブがこのエピソードの一環だったことが明かされた。

制作社側は「昔の怪獣映画から受ける逆説的かわいさとCRAYON POPの可愛さが融合して新たなシナジー効果が期待できた。独特なSF要素が加わってまた1つの愉快なB級コードが誕生した。乞うご期待」と伝えた。

一方、2ndミニアルバム「FM」活動を終えたCRAYON POPはミュージカル、ウェブドラマ、バラエティ番組など活発な個人活動に励んでいる。

KEJNEWS

「アメリカ」をもっと詳しく

「アメリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ