注目ワードレアル・連覇 ココイチ・登場 明石家さんま・芸人 貯蓄額・TOPは東京じゃなかった 木口亜矢・逮捕 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「キング〜Two Hearts」チョ・ジョンソク“人気だという実感はできていない…”

Kstyle5月25日(金)11時1分

※この記事にはドラマ「キング〜Two Hearts」の結末に関する内容が含まれています。


「キング〜Two Hearts」が最終回を迎え、“俳優チョ・ジョンソク”に対する記事が溢れた23日午後に、ソウル弘大(ホンデ)付近にあるレストランで彼に会った。



最初に打ち明けておくが、MBCの水木ドラマ「キング〜Two Hearts」を見る前は、チョ・ジョンソク(32)という俳優を知らなかった。ミュージカル界ではすでに認められているスターだということ以外には、俳優チョ・ジョンソクに対しての知識があまりなかった。多くの視聴者たちがそうであったように、「キング〜Two Hearts」でチョ・ジョンソクに初めて出会った。



チョ・ジョンソクは2004年にミュージカル「くるみ割り人形」でデビューした後「ヘドウィグ」「ギリシャ」「我が心のオルガン」等に出演し、ミュージカル界でその名を知らしめた。その後、今年に入ってMBNのドラマ「What's Up」で初めてドラマに出演し、映画「建築学概論」ではナプトゥク役に扮し、強い印象を残した。



偶然にもチョ・ジョンソクに会った日は「キング〜Two Hearts」第19話で彼が演じたウン・シギョンが多国籍軍事複合体クラブMの首長キム・ボング(ユン・ジェムン)に銃で撃たれ、悲劇的な死を迎える日だった。チョ・ジョンソクに劇中でウン・シギョンが死んだ後に記事を書くと前提した後、死という結末に対する見解をあらかじめ聞いた。



彼は「最初から作家と監督が計画していた部分だった。もちろん残念な気持ちもあるけど、ウン・シギョンですから……」と言いながら言葉を濁した。視聴者もウン・シギョンの死を全く予想できなかったわけではない。ウン・シギョンが王室とイ・ジェハ(イ・スンギ)のためならば自分の身を捧げる人物だということは、ドラマを見た視聴者ならば想像ができることだ。



チョ・ジョンソクは、「俳優は脚本家が書いた脚本通りに、そして監督の演出通りに演技をします。演じたキャラクターが死んだので残念な部分もあるけど、そのような結末を選択した理由があると思います」と自分なりの意見を話した。



人気を実感できない
ウン・シギョンは、決まった道だけを歩む性格で、恋愛においても非常に用心深く、“ダッタビ(もどかしいの意)”と呼ばれる人物だ。ずっと想いを寄せていた女性で韓国の王女であるイ・ジェシン(イ・ユンジ)の告白にも「いたずらは止めてください」と言いながら無理に顔を背け、女性視聴者たちを虜にした。



チョ・ジョンソクは「撮影が終わってからあまり時間が経っていないので、人気を得たのか実感できていません。ただ、食堂でおばさんたちの顔を見て少しは感じている」と言い、ドラマ出演前とは変わった人々からの反応を伝えた。



彼は、今回のドラマを通じて人気を得たため、「キング〜Two Hearts」に出演して最も恩恵を受けた人物の一人に浮上した。さらに、映画「建築学概論」の興行と重なり、彼の人気は高まる一方だ。



チョ・ジョンソクは、インタビューの途中でずっと、「このような人気は本当にありがたいです」と話した。チョ・ジョンソクという俳優の人気の秘訣を聞いても返ってくる返事は、視聴者とハ・ジウォン、イ・スンギなど、共演した俳優陣に対する感謝の気持ちだった。



「私は自分のやり方で演技をしているし、これからもそうします。ただ、今回の作品は、運がよかったようです。良い監督と脚本家、その中で良いキャラクターに巡り会えたのです。良い先輩と良い同僚、そして良い後輩に出会いました。その方々のおかげだと思います。



実際に恋愛する時は、すべてを捧げるタイプドラマの中のシギョンは、ジェシンにキスをした後、「気持ちを抑え切れなかった」と当惑する人物だ。彼に、実際に恋愛する時はどうなのか聞いてみた。



彼は、迷わず「すべてを捧げるタイプ」とひと言で答えた。彼は「恋愛をするときはすべてを捧げるタイプで、よく傷つきます。恋愛に開放的ではない方で、太陽だけを見るひまわりのようです」と話した。ドラマの中の“ダッタビ”ウン・シギョンには、このような彼の性格が反映されていた。




ハッピーエンドではないが、互いに愛する役を演じたイ・ユンジに対してチョ・ジョンソクは「ものすごく息の合う女優だった」と笑みを浮かべた。



「イ・ユンジさんは本当に立派な人格の女優です。思いやりもあるし、本当に相手の俳優が気楽に演技できるように配慮してくれます」



チョ・ジョンソクは、今月末から「バンガ?パンガ!」のユク・サンヒョ監督の新作である映画「救国の鋼鉄隊」の撮影に入る。彼は今後の活動計画について「ミュージカル以外の活動をしてからまだあまり時間が経っていないので、当分は映画とドラマに集中すると思います。でも、演劇やミュージカルにも、いつでも出演したいです」と話した。
NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle
注目ニュース
さんま、カトパンとの恋の噂に本音!? 「付き合いたいし、抱きたい」 RBB TODAY5月27日(日)0時11分
明石家さんまが、26日放送の『さんま&女芸人お泊り会〜人生向上の旅〜』(フジテレビ系)の中で加藤綾子アナウンサーとの恋の噂に言及。本音を語…[ 記事全文 ]
武井壮、山口達也と同じマンションとの報道否定 日刊スポーツ5月26日(土)22時7分
タレントの武井壮(45)が、元TOKIOの山口達也(46)と自身が同じマンションに住んでいるとの報道を否定。また、自身に対する「なぜ芸能界…[ 記事全文 ]
木口亜矢、夫の逮捕受け謝罪「予期せぬ出来事に戸惑い」 オリコン5月26日(土)22時32分
タレントの木口亜矢(32)が26日、夫で社会人野球の三菱重工広島に在籍する堤裕貴容疑者(24)が公然わいせつ罪で逮捕されたことを受け、自身…[ 記事全文 ]
日大アメフト会見の司会は「やらせ」?宮根誠司が指摘 まいじつ5月26日(土)10時1分
(C)まいじつ日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチが開いた記者会見で、司会進行を務めた日大関係者の“塩対応”が各…[ 記事全文 ]
完全引退へ!小室哲哉が“負けを認めた”アーティストとは アサジョ5月26日(土)10時15分
1月の引退会見後も音楽活動を続けていた小室哲哉が、5月上旬から都内の病院で入院生活を送っていたことが明らかになった。「突発性難聴で片方の耳…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア