マンション購入したいけど時間がなくて踏み切れない人へ! 「最短で希望物件に出会える5ステップ」

5月8日(月)20時0分 messy

「女ひとり、家を買う。」Photo by Amanda B from Flickr

写真を拡大

 家が欲しいと思ってはいるけれど、具体的なステップに移せないという方も多いはず。実は“家を買い隊”も、回を重ねるごとに、アクティブなメンバーとそうでない人にはっきりと分かれてきました。そこでなかなか動けないメンバーに「なぜ、動けなくなってしまったのか?」を聞いてみたところ、次のような回答が得られました。

まりえ(36歳、年収約400万円)
「家探しをするのに、どのサイトを見ればよいのかがわからないんです。不動産の情報サイトはたくさんあるので、悩んでしまって……」

かおりん(34歳、年収約600万円)
「新築を希望していたのですが、金額や立地などの条件を考えると金額的に手が出なそう。中古マンションだけど素敵! と思える物件を見つけ出す時間も気力もなくて、前に進めません。また、一度内見を申し込むと、仲介業者のしつこい勧誘があるのではないかと不安です」

あい(43歳、貯蓄での購入を希望)
「家探しを依頼した仲介業者の役員が、脱税幇助で逮捕されたんです。真っ当な業者に依頼したいと思い、現在新たな仲介業者を探していますが、一度そういうことがあると慎重になってしまいます」

 話を聞いてみると、物件の内見にたどり着く以前にハードルの高さを感じているようです。そこでアドバイザー不動産コンサルティング会社のさくら事務所による、今までのレクチャーから、無駄な時間を使わずに内見にたどり着くための“5つのステップ”をまとめました。忙しくて時間がない、精神的なハードルが高いなどの理由で最初の一歩が踏み出せない方、参考にしてください!

1 まず予算を決める!

 マンションは世の中にあふれていますし、上を見ればキリがありません。まず自分が購入にあてられる予算を割り出しましょう。そのなかで探すようにすれば効率もよいですし、「本当はあの物件が欲しかったのにがっかり!」と心が折れる要素を減らすことができます。

 ではどのように予算を決めればよいのか? 一番はファイナンシャル・プランナーに年収やライフスタイル、将来もらえるはずの退職金なども計算してもらい、住宅費を割り出すことです(ファイナンシャル・プランナーにコンサルティングを受けるのは、予算1万円ほどから可能だといわれています)。でも、それ以前の段階で負担が少ないざっとした金額をつかむなら、年収の4倍ぐらいを目安にしましょう(さくら事務所 田中歩さん)。

▼借りすぎで、日々の生活が回らないという人もいます。そうならないためにも詳しい記事をチェックして。
住宅購入の際ローンはいくらまで借りられるのか…「買ったあとにかかる出費」も忘れずに!

2 自分の希望をリストアップする

 予算が決まったら、自分が家探しにおいて何を大切にしているのかを把握しましょう。立地なのか、それとも広さなのか、築浅にこだわるのか? 自分の譲れないものがわかっていれば、その他の要素で妥協することもできます。

 多くの人が限られた予算のなかで家を探すのですから、完璧な家を手に入れるのは難しいものです。自分がこだわりたい要素の優先順位を決めましょう。

▼“家を買い隊”が所有するマンションを売る決心をした背景には、日当りへの強いこだわりがありました。
最大のこだわりは、日当たりのよさ! マンション購入希望のシングルマザーが内見で直面した現実

3 不動産を探す

 いざ内見するための不動産を探す段階になると、多くの人は不動産情報サービスのウェブサイトを見るでしょう。しかし不動産情報サービスは多数あるので、「どのサイトを見ればよいのかわからない」という声をよく聞きます。確かに、迷いますよね!

 でも実をいうと、どこでも情報のソースはほとんど同じなのです。不動産仲介業者は「レインズ(REINS)」という業界関係者用のサイトに掲載されている情報から、掲載物件をピックアップしています。「レインズ」は国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構という団体が運営しているサイトで、個々の不動産仲介業者は広く購入者を募るために、自分の持っている不動産の情報を同サイトを通じて同業者に公開しているのです。

 特定の不動産業者が占有している物件もありますが、割合としては少ないのが実状。ですから、各情報サービスで変わってくるのは、サイトの使い勝手の良さや、「レインズ」掲載物件から情報をセレクトするセンスです。

 つまりは自分が使ってみてフィーリングの合う情報サイトを使えばよいということ。おススメは、幅広い情報を扱う大手サイトと、独自の目線で不動産情報をセレクトしている小規模な仲介会社のサイトを併用することです。

4 周辺状況も調べる

 不動産情報サービスで気になる物件を見つけたら、業者に連絡する前に周辺状況をウェブ上の地図で確認してみましょう。

 不動産仲介業者が公開する情報は、物件の良い面ばかりがピックアップされていることも多いもの。「眺望抜群!」とベランダから見える広い空の風景写真を公開していても、下を見れば墓地があるかもしれません。ウェブの地図で詳細を検索すればリアルな周辺環境がわかります。

 最近はウェブの地図も進化して、気になる物件を360度チェックできる「グーグル・アース」などもありますから、活用してください。「現地に着いたら思わぬ状況に出くわしてガッカリ」という可能性を減らすことができます。

▼正面から見て素敵な物件をウェブ上の地図でチェックしたら、側面が無骨な鉄骨で補強されていたことも。
不動産広告だけではわからない! 内見で無駄足を踏まないために事前に確認しておくべき項目

5 不動産仲介業者には、内見前に管理資料の提出を依頼

 不動産仲介業者には親身になってくれる人がいる反面、「後のことはどうでもよいから、早く買わせてしまおう!」という人もいるのが現実です。でも買う側としては一世一代の買い物ですから、良心のない担当者に当たったら、運が悪かったでは済みませんよね。

 そこで自分からも積極的に仲介担当者に働きかけて、「無知な客ではない」ことを示しましょう。

 具体的な方法のひとつは、「これだ!」というマンションを見つけたら、内見する前に管理に関する書類の提出を依頼しておくこと。各マンションには、修繕積立金の状況や修繕履歴を記録した書類があるはずです。それを要求されて面倒くさがるような業者であれば、信用なりません。

 逆に内見のときにそういった書類を持参して詳しく説明してくれる人であれば、第一関門は突破というところです。さらに「このマンションは管理組合がどれくらい積極的に関与していますか」と質問をしてみて、担当者がどれだけ親身に対応してくれるかチェックしてみてください。

▼管理の悪い物件に当たることも、不動産購入リスクのひとつだと知った“家を買い隊”
家を買うことで、リスクを背負いたくない。

*     *     *

 ちょっとしたコツで無駄足を減らすことができるのです。確かに家を探すのは手間がかかります。でも別に内見をしたからといって、押し売りされることもありませんし、よい仲介業者と出会えれば、家を買うための心強いパートナーになるかもしれません。まずは気軽に一歩踏み出してみてはどうでしょうか。

協力:

(蜂谷智子)

messy

マンションをもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ