スキマスイッチ、田中圭&林遣都とドラマ初共演「芝居は緊張する」

5月8日(火)5時0分 マイナビニュース

音楽ユニット・スキマスイッチの大橋卓弥と常田真太郎が、12日に放送されるテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ』(毎週土曜23:15〜)の第4話に出演する。

このドラマは、田中圭演じる女好きだけどモテない33歳のおっさん・春田創一が突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ"おっさん上司"・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居している"イケメンでドSな後輩"・牧凌太(林遣都)から告白されることからスタートする純愛ストーリー。

同作の主題歌「Revival」を歌うスキマスイッチは本人役で登場。田中とは13年前の楽曲「飲みに来ないか」のミュージックビデオで共演し、林とも映画『DIVE!!』(08年)でコラボ(林は主演、大橋は主題歌を担当)しているが、ドラマは今回が初共演となる。

「天空不動産」で働く春田と牧が街頭でチラシを配っている場面で本人役のスキマスイッチが登場するが、スキマスイッチにも急きょ、田中と過去に共演した曲名にかけた「飲みに来ないか」というセリフも与えられることになったという。

撮影を終えた常田は「急にセリフがあるって言われて、ビックリしちゃった! お芝居は緊張するし、難しいですね。今もまだ緊張してます」と苦笑いで振り返る。大橋は「本番中はなるべく自然にいようと思っていましたけど、そもそも僕らは普段、お芝居なんてやらないですからね。音楽のときとは全然違う緊張感がありました!」というが、「圭くんと遣都くんがうまくリードしてくれたので、本当に助かりました」と明かした。

また、常田は「おそらく僕らを知ってる人たちはハラハラするでしょうね(笑)。『ちゃんとできてる!? 頑張れよ!』みたいな目で、温かく見ていただけると、うれしいです」と、ファンにメッセージを送っていた。

マイナビニュース

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ