注目ワードレアル・連覇 ココイチ・登場 明石家さんま・芸人 貯蓄額・TOPは東京じゃなかった 木口亜矢・逮捕 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

[インタビュー]キム・イングォン、「私は生活費を稼がなければならない職業俳優、主・助演を選ばない」

Mnet動画5月8日(水)18時28分

映画『全国のど自慢(原題)』封切後、出会ったキム・イングォンは多少気が抜けたように見えた。映画が好評を受けたにも『アイアンマン3』の高い人気のために興行成績があまり良くないからだ。

もっとよくなるからと慰めても主演俳優の気持ちはそうとはいかない様子だ。「こんな姿をお見せして申し訳ないです」とむしろすまないと言うキム・イングォンだ。

キム・イングォンが映画で歌手の夢を捨てられないボン・ナム役を演じた。妻の美容室を手伝いながら生きている半プー太郎のボン・ナムは、金海(キムへ)で『全国のど自慢』が開かれると聞いて妻に内緒で参加申し込みをする。しかし美容師資格免許試験の日と『全国のど自慢』収録が重なり、ボン・ナムは葛藤する。

キム・イングォンは映画でコメディー演技を見せてくれた。一生懸命演じることだけはキム・イングォンに続く人はいない。スクリーンで縦横無尽に活躍する俳優キム・イングォンに会った。

-ずっと映画が2位を維持している。成績に対する感想は?

「荷が重い。主演になると観客数によって評価を受けるからもっとプレッシャーになる。封切になるといつもプレッシャーだ。1人でも映画を面白く見てくれたと思う。謙虚に結果を受け入れようと思う」

-『TOWER(原題)』、『王になった男』では助演を演じ、『救国の鋼鉄隊列(原題)』と今回の映画では主演だ。主演と助演では気持ちが違うようだ。

「助演をする時は演技力で称賛を受けるが、主演は演技力よりまずスコアで判断される。こういう心配がある。「キム・イングォンに主演を任せた時、連続して失敗すればこれから主演は任せない」という心配だ。主・助演に対するプレッシャーはない。ただ主演としていい評価を受ければもっと多くのチャンスが貰えるから上手くいけばいい。事実この映画もワントップ主演として考えられたが、私は何人もの主演の中の1人だ。そういう点で気楽に演じた」

-この映画にモチーフとなった歌手パク・サンチョルには会ったか?

「撮影を全て終えた後会った。映画製作者であるイ・ギョンギュ代表と一緒に会って、インタビューをした。パク・サンチョルさんが映画を見てとても泣いたそうだ。撮影する時には「ボン・ナムを上手く表現していい姿をお見せしなければ」という気持ちを固めていた。実際映画の中のボン・ナムと違い、パク・サンチョル先輩は美容室経営者としても成功し、妻も応援してくれたそうだ。歌手になる過程でも『全国のど自慢』出演以後もっと大変だったとおっしゃった」

-ボン・ナムキャラクターの魅力は何か。

「ボン・ナムの歌手に対する夢はイ・ギョンギュ代表の映画に対する夢と似ている。観客たちがボン・ナムを見て、イ・ギョング代表を連想すればいいと思った」

-ダンスと歌、実力は相当なものだった。

「そうおっしゃってくれてとてもありがたいです。膝が悪くてダンスがちゃんと出来なかった。とても大変だった。踊って歌えば下半身麻痺が来るほどビリビリした。人間の成長ドラマと思ったが、ボン・ナムのエンターテナー成長ドラマになった。最後の部分はすごく痩せた姿だ。大変だった」

-撮影現場の雰囲気はどうだった。

「みんな息がよく合っていた。リュ・ヒョンギョンさんもいい俳優なので楽だった」

-映画人であるイ・ギョンギュ代表はどんな人か?

「映画を本当に愛して大切にしている。たくさん応援してくださった。イ・ギョンギュ代表が本当に幸福で健康でいてくれたら嬉しい」

-本当に主・助演を行き来し演技をする。プレッシャーはないのか。

「私はひたすら私の夢を追う俳優ではない。家族もいる。ただ与えられた役柄に忠実であろうとする。生活費を稼がなければならないから、作品もたくさんするようになった。私は誠実に仕事しなければならない職業俳優だ」

-結婚をしてそうなったようだが。

「そういうこともある。結婚をして目標が変わった。初めは私が売れなければと思ったが、家族が出来て責任感が生まれた」

-妻が俳優の夫をたくさん応援してくれるか?

「私の妻は映画の中のミエ(リュ・ヒョンギョン)と違い、たくさん応援してくれる。娘たちもすまないほど応援してくれる。母親の影響をたくさん受けた」

-妻と子供たちは今回の映画を見て何と言っている?

「妻はすごく泣いて震えたと言っていた」

-今回バラエティー番組にたくさん出演した。

「バラエティーをちゃんと出来ないからか普段は出演依頼が来ない。コメディー演技をした映画がヒットして、笑わせてくれるんだと思ったのにむしろ真剣だとの話をよく聞く」

-『全国のど自慢』はどんな映画か?

「温かい感動と面白い映画だ」

-本人にとって『全国のど自慢』はどんな映画なのか?

「私はただこの映画の道具だ。イ・ギョンギュ代表の夢と苦労した同僚、先輩後輩俳優、スタッフたちにいいプレゼントになる映画になったと思う」

写真=ホ・ジョンミン記者







Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Mnet動画

関連ワード

注目ニュース
さんま、カトパンとの恋の噂に本音!? 「付き合いたいし、抱きたい」 RBB TODAY5月27日(日)0時11分
明石家さんまが、26日放送の『さんま&女芸人お泊り会〜人生向上の旅〜』(フジテレビ系)の中で加藤綾子アナウンサーとの恋の噂に言及。本音を語…[ 記事全文 ]
武井壮、山口達也と同じマンションとの報道否定 日刊スポーツ5月26日(土)22時7分
タレントの武井壮(45)が、元TOKIOの山口達也(46)と自身が同じマンションに住んでいるとの報道を否定。また、自身に対する「なぜ芸能界…[ 記事全文 ]
木口亜矢、夫の逮捕受け謝罪「予期せぬ出来事に戸惑い」 オリコン5月26日(土)22時32分
タレントの木口亜矢(32)が26日、夫で社会人野球の三菱重工広島に在籍する堤裕貴容疑者(24)が公然わいせつ罪で逮捕されたことを受け、自身…[ 記事全文 ]
日大アメフト会見の司会は「やらせ」?宮根誠司が指摘 まいじつ5月26日(土)10時1分
(C)まいじつ日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチが開いた記者会見で、司会進行を務めた日大関係者の“塩対応”が各…[ 記事全文 ]
完全引退へ!小室哲哉が“負けを認めた”アーティストとは アサジョ5月26日(土)10時15分
1月の引退会見後も音楽活動を続けていた小室哲哉が、5月上旬から都内の病院で入院生活を送っていたことが明らかになった。「突発性難聴で片方の耳…[ 記事全文 ]

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア