“リーアム・ニーソン無料”告知したら本人来た

5月8日(月)8時36分 ナリナリドットコム

映画「シンドラーのリスト」などで知られるアイルランド出身の俳優リーアム・ニーソン。多くのハリウッド映画に出演する大スターの彼ですが、先日、撮影で訪れていたカナダで、あるサンドイッチ屋が店頭に掲げた看板につられてひょっこりと現れ、店員さんたちを喜ばせたそうです。

カナダ西海岸に位置する大都市バンクーバー。その近郊にあるニュー・ウエストミンスターという街のサンドイッチ専門店「ビッグ・スター・サンドイッチ」の店員さんらは、かのハリウッド・スターが近くで映画の撮影をしているとの噂を聞きつけ、ジョークのつもりでお店の外に置く看板に「Liam Neeson eats here for free(リーアム・ニーソンはここで無料のサンドイッチを食べる=来てくださったら、無料です)」というメッセージを書きました。もしかしたら本人が目にするかも……という、わずかな期待もあったのかもしれません。

すると、午前中に書いたメッセージを映画の関係者が目にして本人に伝えたようで、その日の午後に、リーアム・ニーソン本人が本当に現れたのです。しかも映画「96時間(原題:Taken)」のキャラクターになりきった、シリアスな声で「サンドイッチはどこだ?」と聞いたそう。店員さんは、びっくりするやら嬉しいやらで大騒ぎになったとか。

同店のTwitterには「本当に効果があったよ!すげえ!」とのコメントとともに、看板の写真のアップと、その看板の後ろに立って記念撮影をしているリアーム・ニーソンと店員さんの姿が載せられています。

ナリナリドットコム

「カナダ」をもっと詳しく

「カナダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ