芳根京子「きゅーっと寂しくなりますね」

5月8日(月)0時7分 ナリナリドットコム

女優の芳根京子(20歳)が5月6日、主演を務めたNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のスピンオフ「べっぴんさん 特別編 忘れられない忘れ物〜ヨーソローの1日〜」が同日放送されたことを受け、公式ブログを更新。これにて「べっぴんさん」のすべての放送を終えたため、「きゅーっと寂しくなりますね」と心境をつづっている。

「べっぴんさん」の本編は今年4月1日まで放送されたが、5月6日にBSプレミアムで放送されたスピンオフドラマでは、本編で描かれなかったエピソードが紡がれた。舞台は、第15週〜第20週で若者たちの青春物語の舞台となったジャズ喫茶「ヨーソロー」。そこで繰り広げられる“アナザーストーリー”がオムニバス形式で描かれた。

スピンオフドラマ放送後に更新されたエントリー「ありがとうございました!」では、「これで、べっぴんさん全ての放送が終了いたしました! 全部、全部、全部終わったんだ。。まだスピンオフがあるから、って寂しくなかったけど、ほんとに全部終わったと思うと、きゅーっと寂しくなりますね。最後はべっぴんドレスで終わる事が出来ました」と、全ての放送を終た心境を告白。

さらに「今日のスピンオフはすみれとは少し離れてたけど、べっぴんドレスで始まって、べっぴんドレスで終わる。嬉しいな。すみれにとって最高の人生になったかな。私はすみれと出会えて、坂東すみれの人生を経験できて幸せでした ほんとにほんとにありがとう。だいすきだよ!元気でね!」と、“坂東すみれ”を演じたことの感慨に浸っている。

ブログの最後には「最後までべっぴんさんを応援してくださった皆様、ありがとうございました!!これでほんとにほんとにお別れです。でもすみれは、べっぴんさんのみんなは、いつも皆さんの心にいますからね。『勇気』『愛情』『信頼』『希望』それが全部揃うと幸せになれるの。忘れんとってね。いつまでも 心を込めて、、ありがとうございました!」と、“すみれ”を支えてくれたファンへも感謝の気持ちを込めたメッセージをつづった。

ナリナリドットコム

「芳根京子」をもっと詳しく

「芳根京子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ