南キャン山里がイベントでガチギレ

5月8日(火)15時30分 ナリナリドットコム

南海キャンディーズ山里亮太が5月8日、「マクドナルド レギュラー争奪オーディション」PRイベントに出演。ガチギレする一幕があった。

この日、イベントMCを務めた山里は、午前10時半からスタートと朝のイベントにも関わらず、大声量の挨拶で登場。情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)の収録直後で、「このイベントのために“天の声”で肩あたためてきましたから、任せてください!」、タイトルコールも「思った倍決まりましたね」と上機嫌だ。

饒舌なMCを繰り広げるが、レギュラーメニュー争奪戦のエントリーバーガーを応援する芸人たちが登場すると状況が一変。

応援芸人として登壇したのは、トレンディエンジェルの2人と横澤夏子。そして特別審査員として相方のしずちゃん(山崎静代)が登場したが、段取りを無視してステージに登壇してしまい、山里は「本当に間違ってるから」と早々に注意しつつ、「みなさん、ごめんなさい。これがパンチドランカーの症状です」とボクシングに絡めてその場はフォローした。

そこから、芸人たちはそれぞれ応援するバーガーをプレゼン。しかし、トップバッターのトレエン斎藤は、「松尾芭蕉もこう言っています、古池や ジューシービーフが2枚ある」など、著名人の名言やエピソードに例えたプレゼンを披露。美味しさなどの情報を交えないイレギュラーなプレゼンに他の芸人たちは呆然。「やり直したい」と斎藤が申し出るも、山里が「時は取り戻せない」と辛辣に返した。

さらに試食の場面で、しずちゃんがボリュームあるバーガーの重みを自分の下着の枚数で例えたり、「ソースはどう?」と味の感想を掘り下げる質問に「ソースも入ってた」と返答するなど、終始グダグダ。山里も「この流れで(ソースの)有無を聞くわけねーだろ!」と叱責。「お肉が2枚入ってる」「てりやきの味がすごいする」といった、まったく感想を伝えられないしずちゃんに、山里は「誰か今から全身全霊で彦麻呂さん呼べねーかな? 下手すぎる!」「(報道陣の)みなさんも暇で来てるんじゃないんだよ、いい加減にしてくれ!」とガチギレした。

その後も、しずちゃんの「パンに胡麻がのってる」のPRに繋がらない感想に食いつく芸人たちに、山里が「お前らどうしたんだよ!? 俺たちどこからこんなに歯車が合わなくなったんだ。いい加減にしなさいよ! さすがに俺怒ってるよ!」と怒りをあらわにした。

的外れなコメントを繰り返すしずちゃんに、山里は「後ほど、みなさんが思った2倍怒りますので、受け入れてくれませんか」と集まった報道陣へ申し訳無さをにじませた。

また、デビュー番組である「ガチンコ!漫才道」(TBS系)でTOKIOと接していた山里。報道陣からTOKIO脱退が決まった元メンバーの山口達也について質問が飛ぶと、「本当に初めて芸能界で触れた芸能人がTOKIOの方々で、すごく優しくしてもらった記憶があるから、悲しいというのはある。でも、どういう形になるかはわからないけれど、我々は見守って答えが出るまで待つしかない」と、さすがの山里も具体的なコメントは控えていた。

ナリナリドットコム

「南海キャンディーズ」をもっと詳しく

「南海キャンディーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ