西成区の生活保護男性 不正受給Gメン投入に「皆ビビっとる」

5月8日(火)7時0分 NEWSポストセブン

 大阪市の橋下徹市長は4月から、警察官OBや元ケースワーカーらによる生活保護の「不正受給調査専任チーム」を市内24区すべてに配置した。いわば「生活保護Gメン」である。特に受給者の多い西成区と浪速区では、他区に先駆けて昨年11月にチームが発足しており、西成区では2チーム6人が“捜査”に当たっている。


 西成区の山内真一・生活援助担当課長が「Gメン」の任務を説明する。


「未申告の就労先がある、居住実態がないのに保護費を受けている、といった住民の情報を元に、張り込みや聞き込みを行なう。車の所有についても、ローラー作戦で隠し場所や運転している現場を押さえます。偽装離婚や、事実上同棲している女性の車や収入で暮らしているケースもある。女性が住んでいるかどうかは洗濯物などからわかります」


 不正が判明すれば保護費の返還を請求し、悪質な場合は警察に通報する。


 市がここまで徹底するのは、年々増え続ける生活保護費の抑制が、喫緊の課題となっているからだ。2011年度予算ベースで、生活保護費は支出全体の約2割に相当する2916億円。そのうち、市の調査で判明した不正受給は2615件、約12億円(2010年度)に上る。


「Gメン」が動き出した、との情報はすぐ西成を駆け巡った。


 JR環状線「新今宮駅」南側に位置する、約1キロ四方のドヤ街「あいりん地区」。古くからの呼称・釜ヶ崎と呼ぶ人も多いこの街は、昼間からカップ酒を手にした酔っぱらいが道路に寝そべり、カラオケが大音響で響くなど、異様な空気に包まれている。


 しかし、最近はそこに妙な緊張感が加わった。4月末、本誌記者が訪れると、道行く男性たちがジロリと睨みつけてくる。もともと部外者に敏感な地域ではあるが、排他的な傾向がやけに強まっているように感じた。


 喫茶店店主が、頷きながら語る。


「そうやね、最近はピリピリしとるよ。これまで以上に、見ない顔が警戒されるようになったわ。橋下さんが生活保護を取り締まるという情報が流れて以来、『尾行された』とか、『パチンコ屋やノミ屋に聞き込みが入った』なんて話す者もおるからね」


 区福祉担当者によれば、「尾行できるほど調査チームには人員も機動力もない」というが、受給者は戦々恐々としているようだ。


 2年前から生活保護を受け始めたという54歳の男性はこう語った。


「皆ビビっとるんよ。生活保護をもらう人の大半は“元気やけどカネもらっとる”という後ろめたい気持ちやからね。“3人1組の怪しい集団を見たら気をつけろ”、“(『Gメン75』の)丹波哲郎みたいなのがウロウロしよるぞ”とか、色んな話が出る。まァ、誰も姿を見た者はおらんのやけどな」


※週刊ポスト2012年5月18日号

NEWSポストセブン

「保護」をもっと詳しく

「保護」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ