柳葉敏郎の『欽ドン!』時代の過去を隠さない姿勢に賛辞の声

5月8日(水)7時0分 NEWSポストセブン

欽ちゃん公演に柳葉敏郎から届けられた花

写真を拡大

 萩本欽一(71)の久しぶりの舞台となった喜劇『おちゃのこ妻妻』が品川区・スクエア荏原のこけら落とし公演として行なわれた。どの日も満員になる盛況ぶりで、4月14日に、9日間11公演を終えた。


 この公演には、山口良一(58)、西山浩司(52)、風見しんご(50)などが出演。関根勤(59)や小堺一機(57)、勝俣州和(48)などもスペシャルゲストとして駆けつけるなど、“欽ちゃんファミリー”同窓会のような雰囲気も漂った。


 この公演に、ある大物俳優が花を届けていた。ドラマ『踊る大捜査線』や映画『容疑者 室井慎次』などの代表作を持つ柳葉敏郎(52)である。


 柳葉は、1983年に『欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子』(フジテレビ系)に良川先生としてレギュラー出演し、秋田弁を丸出しにする朴訥なキャラクターが受け、大ブレイク。翌年には、一世風靡セピアのメンバーとして、シングル『前略、道の上より』が大ヒット。その後は、『君の瞳をタイホする!』『愛しあってるかい!』『すてきな片想い』など、フジテレビ系のトレンディドラマに立て続けに出演し、トレンディ俳優としての地位を確固たるものにした。テレビ局関係者はこう話す。


「先日、萩本さんがバラエティ番組に残した足跡を振り返った『もてもてナインティナイン』(TBS系)では、『欽ドン!』時代の柳葉さんの映像が出ました。柳葉さんほどのキャリアがあれば、昔のバラエティ映像を放送されることを嫌がる俳優さんは多い。ましてや、今は過去映像を使う際、各事務所に許可取りをする時代です。


 それでも柳葉さんは過去を隠すことなく、OKしている。なんでもかんでも昔の映像にNGを出す人もいるけど、柳葉さんの姿勢にスタッフも出演者も感謝したのではないでしょうか」

NEWSポストセブン

「欽ドン!」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ