世界のVIPを東京湾案内 小池知事が豪華クルーザーに20億円

5月8日(月)7時0分 NEWSポストセブン

都が発注したものと同タイプのクルーザー(アジムット-ベネッティ社のHPより)

写真を拡大

〈契約金額 19億6235万8256円〉〈契約の相手方 AZIMUT-BENETTI〉──これは東京都が昨年12月に実施した「視察船」建造の入札記録である。「もったいない」を五輪コンセプトに掲げる小池百合子・東京都知事が、20億円もの税金をかけてVIP接待用の大型外洋クルーザーを建造していることはほとんど知られていない。


 受注したのはイタリアのアジムット-ベネッティ社。欧米のセレブや中東の王族などのクルーザーを多く手がける世界トップクラスの造船会社だ。


 図面によると、クルーザーは全長35メートル(約115フィート)でデッキは3層。1階(上甲板)は22人掛けの大テーブルが置かれた同時通訳ブース付きの会議室(窓際にも座席31席)、エレベーターで2階に上がるとパントリー(小さなキッチン)と10人掛けのダイニング、広い応接室があり、3階は展望デッキとなっている。セレブたちがシャンパン片手に船上パーティを開く、豪華クルーザーそのものだ。


 ヨットが趣味の石原慎太郎・元知事ならいざ知らず、その石原都政のカネ遣いを叩き、五輪経費の削減にも力を入れる小池知事が、なぜ、こんな船の建造を認めたのだろうか。建造に至る経緯を辿ると、計画がいかに都民無視で進められてきたかが分かる。


 計画されたのは公私混同問題で失脚した舛添要一・前知事時代の2015年。舛添氏は「来客を迎えるのに民間の施設では格が下がる」と五輪に合わせて浜離宮庭園に、約40億円でVIP迎賓施設「延遼(えんりょう)館」(明治期の迎賓館)を再建することを決定し、来賓を羽田空港から延遼館までクルーザーで送迎することを検討。都港湾局が保有する視察船「新東京丸」が老朽していることから、代替の名目でクルーザー建造が持ち上がった。迎賓館建設も、豪華クルーザーの建造も、いかにも舛添氏らしい発想だ。


 だが、その舛添氏が辞任し、小池氏が都知事に就任すると風向きが大きく変わったように見えた。小池氏は都の五輪予算に大ナタを振るい、延遼館の建設を凍結した。


 にもかかわらず、クルーザーの建造は計画通り続行されたのである。クルーザーの入札が行なわれた昨年12月といえば、小池氏が打ち出した五輪ボート会場の「海の森水上競技場」や水泳、バレーボールなど3施設の新設見直し問題で森喜朗・五輪組織委員会会長らと揉めていた時期に当たる。


 会場移転により新設費用の節約を目指した小池氏だが、ボート競技や水泳競技の会場移転断念に追い込まれ、残ったバレーボール会場も、当初案通りに東京・有明アリーナの新設で決着したのが昨年12月16日。その3日後にクルーザーの入札が行なわれていた。


「400億円の削減につながった」──会場移転に失敗した小池氏は、見直し議論で五輪施設の整備費用を節約できたと強調した。しかし、その陰で豪華クルーザー建造にゴーサインを出していたのは、五輪費用節約を期待する都民への“裏切り”ではないか。


 第一、五輪の来賓をもてなす迎賓館は建設しないのに、迎賓館まで来客を運ぶクルーザーだけ建造するというのだから、これほど「もったいない」税金の使い途はない。


◆豪華すぎる仕様


 100フィート級の外洋クルーザーは「メガヨット」と呼ばれる。あるクルーザーオーナーは、東京都が20億円をかけてメガヨットを建造中だと聞いてこう驚いた。


「エンジンや装備で価格が大きく違ってくるが、100フィート級なら相場は6億〜8億円。アジムットのブランド料が加わるとしても、20億円は倍以上。その値段なら内装も含めて相当豪華なはずです」


 日本の造船会社から見ても贅沢な仕様だという。


 実は、入札にはアジムット社の他に墨田川造船(本社・東京)が名乗りを上げていた。同社は「他の手持ち工事でいっぱい」という理由で最終的に応札を辞退し、アジムット社が無競争で受注したが、墨田川造船の営業担当者は、「都から提示された仕様書によれば、デッキ部分は高級材のチーク材で、内装も豪華だし、スピードも出せるようにしたいという内容。そうした要望に応えると20億円はかかるでしょう」と話す。


 一体、東京都はクルーザーにどんな装備と内装を施そうとしているのか。東京都港湾局総務部は、装備についてこう説明する。


「新視察船は羽田空港に乗り付けるために喫水を浅く設計されている。エンジンは浅い海用にスクリューではなく、ウォータージェット推進器を使う。そのため速度も25ノット以上と速い。災害時の利用を考えて夜間航行の設備もつける。


 備品もIH調理器はじめ日本製。賓客をお招きすることを念頭に置いた2階の応接室には、テーブルや絨毯など和風の調度品を装備する。外国の方に『和』をご体験していただくことを想定しているからです。デッキの床材は名前をあげて指定してはいないが、それなりにしっかりした素材を使うように規定しています」


 一方で、現地の造船所では、この“豪華すぎる仕様書”をめぐる意見の食い違いでトラブルが発生し、クルーザー建造がストップしているという情報もある。船舶関係者の話である。


「東京都側はクルーザー内に『京都の織物の絨毯』を使うことを要求している。それに対して造船所側は『そんな絨毯は使ったことがない。イタリアの同等品にしてくれ』と言い出すなど、内装で相当揉めているようだ。世界のアジムット社も日本の調度品が高いのに驚いているんじゃないか」


 日本の船舶検査は非常に厳しく、基準を満たさない装備では登録できない。そのため、新船建造の際には、事前に運輸局に仕様書のチェックを受けてから建造に取りかかる慣行がある。しかし、現地イタリアで仕様をめぐる交渉がまとまらないため、「まだ建造に着手できていない」(同前)というのである。


 これが小池知事の掲げる「都民ファースト」の姿なのか。本誌が小池氏に取材を申し込むと、港湾局の広報担当課長が、「知事はスケジュール多忙につき、対応の余裕がございません。質問にも答えられない。港湾局が東京都として回答する」そういって代わりに取材に応じた。


──五輪費用削減を掲げる小池知事はクルーザー建造を見直さなかったのか。


「新視察船は新東京丸の老朽化に伴い建造するもの。たまたま東京五輪のタイミングなので、海外の賓客をお乗せするなど五輪にも活用はするが、都民の方の視察など様々に利用いただく予定で、贅沢とか高級化したという指摘はあたらない」


──五輪仕様に見える。


「羽田空港に乗り付けられるようにすることや、貴賓用の応接室がそれに該当するが、東京五輪だけのためではなく、その後もVIPが東京に視察に来られることを想定したものです」


──アジムット社と装備や調度品をめぐる交渉が難航しているという指摘がある。


「そういう認識は全くありません。もちろん、メーカー側から何らかの提案がなされることはあるでしょうが、仕様書に基づく発注をしているから調整がつかないことはないと思います。作業が滞っているとは聞いていない」


──運輸局との事前調整が遅れて建造が始まっていないのではないか。


「運輸局との調整はいま行なっているところです」


 アジムット社の日本代理店は「東京都に聞いてほしい」という回答だった。


 小池氏は今年1月、2017年度予算案で5年ぶりの減額予算を組み、「事業評価で徹底的に無駄は排除した。必要な政策には思いきった予算をつけた」と胸を張った。しかし、この予算には約20億円のクルーザー建造費は盛り込まれていない。


「業界の慣例で船の代金は完成時に全額支払うことになっており、来年度の2018年度予算に一括計上することになる」(港湾局)というイレギュラーな方法をとっているからだ。


 結果的に、クルーザー建造費は都民の目から隠れてしまった。“小池クルーザー”は来年12月にイタリアから日本まで回航され、東京港で都に引き渡される予定だ。その偉容を目の当たりにしたとき、果たして都民はどう感じるだろうか。


※週刊ポスト2017年5月19日号

NEWSポストセブン

「小池百合子」をもっと詳しく

「小池百合子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ