『帝一の國』室田滋役の杉山宗賢 原作者・古屋兎丸さんと並び緊張

5月8日(月)14時40分 Techinsight

杉山宗賢と古屋兎丸先生(出典:https://twitter.com/so_ken1994)

写真を拡大

公開中の映画『帝一の國』で菅田将暉演じる主人公・赤場帝一と同じ海帝高校に通う室田滋役を務めるのが杉山宗賢だ。彼が5月8日に『so-ken(so_ken1994)ツイッター』で漫画家・古屋兎丸さんと帝一のポーズをキメたツーショットを公開している。銀座・ヴァニラ画廊で5月7日まで開催された『帝一の國原画展』を訪れて原作者の古屋さんに挨拶した時のもので、その表情はやはり緊張して見える。

3月29日に「みんな、公開1か月前だよ」と役柄で着た制服の袖の写真を投稿した杉山宗賢。4月7日には「初号試写行って来ました! 室田滋役で出演します観てね!!」とツイートして、4月29日の全国公開を心待ちにしていた。さらにはフジテレビにて4月24日から5夜連続で放送されたスピンオフドラマ『帝一の國〜学生街の喫茶店〜』にも室田滋役で出演して出番が続く。

彼にとって映画『帝一の國』は大きな一歩と言えるだろう。その原作者となる古屋兎丸さんに会うことができて「此れから室田滋という役を頂いた事実に恥じない努力をしていきます」と身が引き締まったようである。

杉山宗賢は神保悟志と同じ芸能プロダクション・GTZ(ジー・ティー・ゼット)に所属しており、現在23歳となる。これまでもドラマや舞台に出演しているが、なかでもパイロットのテレビCM『フリクション“二人の自分”篇』に出てくる、初任給で購入した母親へのプレゼントのメッセージを「親孝行、第一弾!」と書き直す息子役で注目を集めた。

出典:https://twitter.com/so_ken1994

Techinsight

「帝一の國」をもっと詳しく

「帝一の國」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ