天才テリー伊藤対談「高橋みなみ」(3)中森明菜のような歌謡曲を届けたい

5月9日(月)9時57分 アサ芸プラス

テリー これからは念願だったソロ歌手の活動に力を入れていくんだよね。具体的に、何か決まってるの?

高橋 2月にファンクラブを発足して、この前、会員限定のライブをやらせていただいたんです。秋ぐらいには、アルバムを出す予定です。

テリー 作詞は今度も秋元さんにお願いするの?

高橋 秋元さんにも書いていただきたいんですけど、お忙しい方ですし、次は私が好きなアーティストの方に作っていただきたいと思っていて。今のところ、岸谷香さん、ALFEEの高見沢俊彦さん、槇原敬之さんにお願いすることが決まってます。

テリー すごいメンバーじゃない! 前に中森明菜に憧れているって言ってたけど、やっぱりそういう路線を目指したいの?

高橋 はい、明菜さんみたいなカッコいい女性の歌が昔から好きなんです。

テリー でもさ、明菜とか山口百恵なんかもそうだけど、彼女たちの歌が流れていた時代にはその時代特有の空気感があったんだよ。それを今の時代に鳴らすっていうのは、なかなか難しい気もするけどね。

高橋 それは私も、すごく考えてるんです。今の流行の音楽って、すごく凝っててオシャレですよね。もしかしたら、明菜さんのようなああいう歌は、今の時代とは違った雰囲気があるんです。

テリー なるほど、いわゆる“歌謡曲”の世界だね。

高橋 そうなんです。でも、やっぱり私はそういう音が好きなので、自分らしく発信していきたいなっていうのはありますね。

テリー そうか、となるとアルバムは、いわゆる今の「アイドル路線」にはならなそうだね。

高橋 秋元さんの言葉ですごく心に残っているのが、「嫌われる勇気を持て」なんです。中途半端なことをしている人は誰にとってもどうでもいい人だから、好かれるか嫌われるか、ハッキリ分かれるような人になりなさいって。

テリー そのとおりだね。

高橋 だから、誰からも好かれる音楽より、一部の人が「たかみなの歌、好きだわ」とか、40代50代の方が「何か懐かしいな」とか、そんなふうに思ってもらえる曲を届けられたらいいんじゃないかな、とは思ってます。

テリー その方向性は、アサ芸の読者は大歓迎だと思うけどね(笑)。となると、こりゃ歌詞がかなり大事になるぞ。

高橋 そうですね。ちゃんと自分で詞も書けるようになりたいです。

テリー でもさ、正直言って、昔みたいに音楽番組がたくさんあるわけじゃないし、歌手だけの活動って大変じゃない? せっかく話術がしっかりしてるんだから、番組の司会とかコメンテーターとか、そういう仕事はどうなの?

高橋 もちろん歌だけじゃなく、挑戦する機会をいただけることは、何でもやりたいと思っています。4月からTOKYO FMさんで昼の帯番組のパーソナリティも担当しています。

テリー さすがだね。しかし、よく働くなぁ。

高橋 たぶん、自分だけで決めると「歌しかやりたくない」とか思ってしまうんです。だけど、やっぱり皆さんが私のことを必要としてくれるかぎり、それに応えられるように一生懸命、頑張ります。

アサ芸プラス

「歌謡曲」をもっと詳しく

「歌謡曲」のニュース

BIGLOBE
トップへ