桜田淳子 前所属事務所・サンミュージック関係者が「本格復帰」をこっそり後押し

5月9日(火)9時57分 アサ芸プラス

 芸能界復帰を“終活”と位置づけて、ついに動きだした桜田淳子(58)。前所属事務所・サンミュージックの相澤秀禎元会長(享年83)が待ったをかけて一時は頓挫したカムバック計画を、こっそり後押しする存在がささやかれている‥‥。

 4月7日、東京・銀座博品館劇場で、13年11月の40周年公演以来となる一夜限りの復帰を果たした桜田。「スクリーン・ミュージックの宴」と題されたステージでは、ミュージカルナンバーのほか、81年にカバーした中島みゆきの「化粧」も熱唱して喝采を博した。スポーツ紙記者が明かす。

「アイドル全盛期を知らないので比較できないが(苦笑)、しっかりとボイストレーニングを積んでいた様子。会場には100人以上の報道陣が詰めかけ、ニュースバリューの大きさがうかがえました。同時に、サンミュージックの草創期を支えた功労者ということが伝わってきた。『相澤会長時代から方針は変わってない。統一教会(現・世界平和統一家庭連合)を脱退しないかぎり、再び所属することはない』と明言しながら、現場にはサンミュージック社員の姿もあり、実質的な仕切り役のように映った」

 桜田は92年8月に韓国で行われた「3万組国際合同結婚式」に参加し、芸能活動を休止。ほとぼりが冷めた07年にベストアルバムを発表すると、レコード会社や音楽関係者の間で復帰プランが進められたが、

「謝罪会見が先だ」

 という相澤元会長の一声で、立ち消えになっていた。その後も、サンミュージックは「陰ながらバックアップすることもない」と一貫して関与を否定してきたが、12年5月、相澤元会長の死を境に微妙な変化が生じていた。ワイドショーデスクが話す。

「桜田が葬儀に参列した時も、『お待ちしていました』とVIP待遇でしたよ。翌年10月にはデビュー40周年記念アルバムをリリースし、11月の一夜限定イベントへとつながった」

 ただ、本格復帰するまでには大きな壁があった。

「大きな要因の一つが3人の子育てでしたが、いちばん下の次女も来年成人式を迎えます」(前出・ワイドショーデスク)

 桜田も「週刊ポスト」(4月7日号)に手紙を寄せ、

〈私の終活? の一つとして捉えています〉

 と、活動再開に前向きな姿勢を示している。だが、今回の公演に際して、全国霊感商法対策弁護士連絡会が「反対声明」を発表したことからも、今後の逆風が想定されるが‥‥。

「今回の舞台でピアノの演奏を担当し、一緒に練習に励んでいたHIROSHIはサンミュージック所属。水面下ではライブ公演の準備も、元サンミュージックの関係者が中心になって進めていると聞いています。ヒットナンバーは多く、レパートリーも豊富なだけに、年内にも2000人規模の単独コンサート開催を発表するかもしれません」(前出・ワイドショーデスク)

 芸能界は「ようこそここへ」と迎え入れるか。

アサ芸プラス

「サンミュージック」をもっと詳しく

「サンミュージック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ