箭内夢菜、『9ボーダー』共演・川口春奈の花粉と黄砂に負けないプロ意識の高さを実感

2024年5月9日(木)7時0分 クランクイン!

川口春奈主演の金曜ドラマ『9ボーダー』(TBS系/毎週金曜22時)。19歳、29歳、39歳と、各年代のラストイヤー=“9ボーダー”真っ只中の3姉妹を描くヒューマンラブストーリーとなる本作は、物語の主軸となる“ボーダー世代3姉妹”、次女の大庭七苗(川口春奈)、長女の成澤六月(木南晴夏)、三女・大庭八海(畑芽育)がモヤり、焦りながら、自分の生きる道を模索していく姿を描く。本作で七苗と同じ職場で働くイマドキ女子・西尾双葉を演じる箭内夢菜にインタビュー。自身との共通点や役を通して伝えたいメッセージを聞いた。

——役作りをするときに大切にしていることを教えてください。



箭内:初めて台本を読んだときの第一印象を忘れないように心がけています。文脈としてのセリフのニュアンスを確認しながら、「こういう口調で話してそうだな…」と。はじめに感じた印象をもとに自分の性格と照らし合わせたり、比べたりしながら、共通点を探す作業をしています。西尾双葉はキャピキャピしたイマドキの女の子、ぶりっ子キャラといいますか(笑)。そういう部分を意識しながら演じています。

——箭内さんから見た川口春奈さんの新しい一面が垣間見られたエピソードがあれば教えてください。



箭内:私だけが知っているわけではないと思うのですが…花粉と黄砂に弱いということですかね(笑)。撮影中もすごくつらそうでしたが、カメラの前だとそんな様子を全く出さず、プロ意識の高さを改めて感じました。

——双葉役を演じるにあたって難しかったところはありますか?



箭内:イマドキ女子の双葉はキャピキャピしていて、劇中では川口さん演じる七苗にイラッとされている印象の役だと思います。けれども彼女自身、内面では秘めたる情熱もあって、頑張り屋さんな部分もちゃんと持っている子なんです。撮影現場ではふくだももこ監督とも限られたセリフでどう表現するのが伝わりやすいか、毎回相談をしています。セリフの言い方やちょっとした表情のニュアンスで、だいぶ印象が変わってしまう役柄でもあるので、そこをどのように表現していくか、双葉はその点がとても難しかったです。

——ハイセンスが散りばめられている本作ですが、箭内さんのテンションが上がるポイントを教えてください。



箭内:私自身はファッションやネイルがすごく好きで、休みの日はお洋服を買いに行ったり、メイクの研究をしています。ラメとかキラキラしたものが好きなので、お洋服でもメイクでもキラキラしているものにテンションが上がります!

ふわっとした女の子らしい双葉の衣装ですが、実はアクセサリーをたくさん身に着けているんです。私もアクセサリーが好きなので、そんな共通点を楽しみながら演じています。

——劇中で“ホワイトハラスメント”というワードが出てきますが、ご自身が考える対応策は何かありますか?



箭内:その人自身の気持ちを優先しながら、コミュニケーションをたくさん取った方が、もっと平和になるんじゃないかなと感じています。私自身はすごく人見知りで、自分から話しかけることが本当に苦手なのですが…実はそういう人ってたくさんいると思うんです。その壁を乗り越えて、「ちょっと挨拶してみる」とか、「近くに寄って、何か気付いたことを言ってみる」とか、小さなことから徐々に距離を縮めていけば、みんなのコミュニケーションも活発になりますし…。つい諦めてしまう小さなコミュニケーションでも、まずははじめてみることが大切なのではないかなと思っています。

——双葉ならではのメッセージをお願いします。



箭内:作品の中では双葉にイラッとしちゃう部分も出てきてしまうと思うのですが…仕事は熱心に頑張る子だし、しっかりと言葉で伝えてあげれば、ちゃんとわかってくれる子なんです。もし同じような子がみなさんの職場にいたら、少し接し方を変えてみるとか、もっと密にコミュニケーションを取ってみたり、サポートをお願いできるとうれしいなと思います。

 金曜ドラマ『9ボーダー』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。

クランクイン!

「川口春奈」をもっと詳しく

「川口春奈」のニュース

「川口春奈」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ