つるの剛士「声優の吉田理保子と共演」う〜ん、まいっちんぐ

5月9日(月)17時44分 J-CASTニュース

   タレント・俳優のつるの剛士が、人気アニメ「ポケットモンスター」の劇場版「ビクティニと黒き英雄ゼクロム」「ビクティニと白き英雄レシラム」に声優として出演。5月8日(2011年)に行われたアフレコの様子をブログで紹介した。




   今回演じた「ドレッド」は物語のキーマンとなる重要なキャラクター。本格的な声優挑戦は今回が初めてであり、「とてもむずかしくて、奥が深くて。。」とかなり苦戦したようだ。


   そんなつるのをサポートしたのが、声優の吉田理保子。「アルプスの少女ハイジ」のクララや「まいっちんぐマチコ先生」のマチコ先生役などで知られるベテランの支えもあり、8時間にも及ぶ収録は無事に終了した。


   「同じお芝居とはいえ、アフレコは表現方法が全く違うので、とにかく勉強になりました」というつるの。「新しいジャンルに挑戦って刺激的〜 う〜ん まいっちんぐ!」と、吉田の当たり役に引っ掛けて感慨を語った。

J-CASTニュース

「共演」をもっと詳しく

「共演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ