「太陽の塔」が超合金ロボに 驚異の"三段変形"が可能

5月9日(金)11時15分 J-CASTニュース

(C)TARO OKAMOTO/(C)BANDAI

写真を拡大

   バンダイは2014年9月27日、ダイキャスト製ロボット玩具シリーズ「超合金」の生誕40周年を記念した商品「超合金 太陽の塔のロボ」を発売する。メーカー希望小売価格は1万7000円(税別)。



塔からロボ、そして超兵器発動形態へ

   「超合金」として初めて芸術作品とコラボレーション。日本を代表する芸術家・岡本太郎さんの代表作品であり、1970年に日本万国博覧会のシンボルとして大阪に建造された「太陽の塔」の造形美を生かしながら、その魅力を独自の解釈で余すことなくデザインに落とし込んだ。


   手足を塔内に格納している状態の「塔形態」から、手や足を展開した「ロボ形態」に変形できるだけでなく、さらに胴体上部と中央部の開閉式パネルを開いて、内蔵されている超兵器を発動することができるという設定の「超兵器発動形態」へと変形が可能。また、脚部や腕部フレームの一部にはダイキャスト(亜鉛合金)を使用しており、手足の関節は動かせる。


   本体全高は、塔形態で215ミリ、ロボ形態で280ミリ。 重量は290グラム。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

太陽の塔をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ