「貴族探偵」に「幽霊映った?」騒動 フジテレビに質問すると...

5月9日(火)14時19分 J-CASTニュース

ドラマの1場面(フジテレビ提供)

写真を拡大

2017年5月8日に放送されたドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)第4話について、「幽霊が映った」「怖い!」とSNS上で話題になっている。



嵐の相葉雅紀さんが演じる主役「貴族探偵」の後方に子供らしき人影が映った、と騒ぎになっているのだが、果たして真相は——。フジテレビに見解を聞いた。

主人公の背後に子供らしき人影が...




「貴族探偵」は麻耶雄嵩氏の同名小説シリーズをドラマ化した「主人公が推理をせずに謎を解く」という異色のミステリードラマ。第4話の舞台は、人里離れた山奥にある新潟の老舗温泉旅館「浜梨館」。この旅館は江戸時代から狐の神様「いづな様」を祭っているという設定で、物語が繰り広げられた。



問題のシーンは、事件が解決した後、女探偵である高徳愛香(武井咲さん)と会話を終えた貴族探偵がその場を去ろうとした時だった。貴族探偵の後方に子供らしき人影が現れた。その後、貴族探偵が歩みを進め、後方にいる子供に重なるように通り過ぎた瞬間、その人影は消えた。



SNS上では最後の場面で一瞬しか映らなかった子供の人影について、



「え、幽霊映ったよね?」

「今の幽霊?」

「怖すぎる!」


との声が続々と上がった。



画面を確認すると、確かに子供らしき人影が映っている。J-CASTニュースが9日、「幽霊騒動」についてフジテレビに取材したところ、広報担当者は



「子供の姿をした『いづな様』を表現した演出です」


と答えた。



ツイッターにも、


「いづな様でしょ」

「いづな様が現れたという演出」

といった指摘も出ていた。

J-CASTニュース

「貴族探偵」をもっと詳しく

「貴族探偵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ