「メモリプレイ」とは・・?サントリーのウェブ動画が涙腺崩壊と話題

5月9日(木)16時33分 ジェイタメ





「メモリプレイ」という言葉をご存知だろうか。結婚披露宴などの席で、プロの役者や子役が新郎新婦に扮し、それぞれの幼少時代からの家族の思い出などを演劇として再現し、その中で両親にこれまで伝えられなかった秘めた思いなどを伝えるサプライズ演出のことだ。この「メモリプレイ」の演出を斬新に盛り込んだサントリー「クラフトボス ブラウン」のWEB動画「担当者のメモリプレイ」篇が5月8日(水)AM11時より、サントリー公式YouTubeチャンネルにて公開された。









「クラフトボス ブラウン」のリニューアル発売を記念して公開される本動画は「クラフトボス ブラウン」の開発を担当してきた新郎で主人公の翔太とその花嫁の彩香の披露宴の席が舞台。それぞれの幼少期から学生時代、現在に至るまでの思い出の日々が、プロの役者による演劇で再現され、会場全体が温かい空気に包まれ、親族らが号泣していく中、ラストで新郎の口から衝撃の事実が明かされるという内容になっている。

このラストシーン、翔太が初代「クラフトボス ブラウン」を手に、「意外とおいしくなかった」「評判も今イチだった」と初代の失敗をあからさまに認めてしまうという、CM動画では異色の展開が用意され、翔太はその後、2代目「クラフトボス ブラウン」を手に、「2代目ブラウン、登場」と泣きながらアピール。その隣で新婦の彩香が「初めからこの味にすればよかったのに……」と号泣するというユニークなセリフが用意されている。

花嫁・彩香役を、アニメ「ラブライブ!」で星空凛役を演じ、μ’sとしてNHK第66回「紅白歌合戦」にも出場した声優で女優・歌手の飯田里穂が熱演。本CMで初のウエディングドレス姿にも挑戦しており、この美しすぎる飯田の花嫁姿にも注目だ。撮影は都内ホテルの宴会場で親族・友人役として正装したエキストラ64名が見守る中、本物の結婚式を再現する形で行われたといい「メモリプレイ」のシーンでは、親族・友人役に一切内容を知らせず、サプライズで行ったところ、女性参加者のほとんどが号泣するほどのクオリティだったという。この泣ける「メモリプレイ」の内容にもぜひ注目して欲しい。











飯田はウエディングドレス姿を披露した撮影を振り返り、「生まれて初めての経験で、子役時代からお仕事させていただいていますが、自分もそういう年齢になったんだな〜、としみじみ思いました」と感慨深げ。「(撮影で)ウエディングドレスを着ると婚期が遅れる、という話を聞くので、とうとう私にも来たかと(笑)。でも、初めてこういった形でウエディングドレスを着たら、完全に花嫁気分でテンションが上がりましたね。やっぱり自分は女の子なんだなぁと。すごく嬉しかったです」と感想を述べている。

「メモリプレイ」の存在についても飯田は知らなかったといい、「新郎役の方と『自分が結婚式挙げる時もやりたいよね』と話していたら、スタッフの方に、最近こういうサービスが実際に流行り始めていることを伺いました。監督さんとかが考えた演出のひとつだと思っていたので、それを聞いた時は『本当にあるんだ〜!』とビックリしました」とコメント。「この動画をきっかけに、『メモリプレイ』の存在を知る人も増えるんじゃないかと思います」と感心しきりだったという。(取材・文:名鹿祥史)







ジェイタメ

「サントリー」をもっと詳しく

「サントリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ