巨乳ヴァイオリニスト・石川綾子、迫力満点のパフォーマンスに視聴者大興奮!

5月9日(月)18時30分 メンズサイゾー

 ヴァイオリニストの石川綾子(31)が8日放送の『題名のない音楽会』(テレビ朝日系)で、刺激的な演奏を披露して視聴者を魅了した。


 4歳でヴァイオリンを始め、10代のときに父の仕事の関係でオーストラリアに渡った石川。シドニー大学やシドニー音楽院などでヴァイオリンを学んだ彼女は、現地でプロ演奏家として活躍。端正なルックスからは想像できない情熱的なパフォーマンスで話題を呼び、海外メディアからは「デビルズアヤコ」などと呼ばれている。


 そんな石川はネット上でも高い人気を誇る。というのも、彼女はさまざまアニメの楽曲を演奏した動画を配信し、それが「カッコよすぎる」「リピート不可避」と評判なのだ。ニコニコ動画に投稿した映像が、3日間連続で再生回数ランキングの1位を獲得したこともある。14年に幕張メッセで行われた『ニコニコ超パーティーIII』では、「ラスボス」の愛称で親しまれる歌手の小林幸子(62)とコラボし、ネット上でも話題を集めた。


 今回の『題名のない音楽会』でも、アニメミュージックを演奏した石川。熱狂的なファンを生んだ異色の魔法少女もの『魔法少女まどか☆マギカ』のオープニングテーマ『コネクト』や、「あなたと合体したい」という大胆なキャッチコピーが印象的なロボットアニメ『創聖のアクエリオン』の主題曲などを披露した。


 オーケストラと共に圧巻のパフォーマンスを見せた石川は、放送中からネット上で話題を集め、Twitterなどには称賛コメントが相次いだ。ただ、一部の男性視聴者はセクシーな魅力にも虜になったようだ。


 この日、石川は胸元がざっくり開いたドレス衣装で登場。カラダを前後左右に激しく揺らせながら演奏する姿はまさに「情熱」という言葉が似合うものだったが、同時に豊満なバストも迫力満点で、これに多くの男性が食いついた。


 大手掲示板サイトには、「色白おっぱい最高」「曲より胸が気になる」「ナイスおっぱい」「けしからん...でも、ありがとう!」と興奮した声が続出。胸のボリュームがはっきり確認できる下からのアングルや谷間のアップなどが映されると、さらにネットユーザーたちは大喜び。演奏の躍動感を伝えようとした映像に違いないが、刺激的なシーンに映ったようだ。


「石川さんといえば、昨年放送された『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)に美女ヴァイオリニストとして出演して知名度を上げました。その後、アルバム『ANIME CLASSIC』をリリースして日本でのメジャーデビューを果たしています。ただ、クラシックに馴染みがない人も多いことから、一般的な知名度はまだ高いとは言えない状況です。日ごろから『より音楽を日常的なものにしたい』と語っているので、身近なアニメソングの演奏でクラシックの魅力を広めたいのでしょう。そういった気持ちもあり、テレビ出演などに積極的なのだと思います。


 同じくセクシーな方面で話題のミュージシャンには、『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演し、"ぱいぱいジャズ美"と命名されたEカップバストのジャズピアニスト・高木里代子さん(31)などもいます。高木さんは男性誌で水着グラビアなどにも挑戦し、ジャズの普及に一役買っています。こういった前例もあり、石川さんにもグラビア活動を望む声が出ている。また、ジャズとクラシックの違いはあるものの、『巨乳コラボが見たい』とステージ上での共演の期待も高まっています」(ネットライター)


 今回、迫力のある演奏と色っぽい姿で話題を集めた石川。申し分のないルックスを誇る彼女は、メディア露出を増やすごとに人気を高めそうだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「パフォーマンス」のニュース

BIGLOBE
トップへ