安藤美姫のインスタからほとばしるハビエル愛と友情、ダサセンス

5月9日(土)12時0分 messy

安藤美姫Instagramより

写真を拡大

 元フィギュアスケート選手で現在はタレントとして活躍する安藤美姫(27)が、今月5日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演して放った自由すぎる言動がまた話題になっている。

 安藤が出演したのは『ローカル線ぶらり旅ナンデス!』と題された企画コーナーで、共演者のオリエンタルラジオ中田敦彦や石原良純らと伊豆箱根鉄道駿豆線を旅して、グルメや注目スポットを紹介するもの。石原がすすめる豆腐店へ向かう流れなのに安藤は「こっちのほうがいっぱいあるから」と強引に一行を反対方向へ進ませたほか、徒歩1.5km先のイチゴ狩りセンターに向かう途中では「あちぃな!」と素を見せまくり、道中に富士山の姿が見えてくると「富士山すげぇ!」と大興奮。ユッキーナばりの「あちぃ」「すげぇ」といった言葉遣いに、中田は「ミキティの言葉遣い、大丈夫?」と苦笑する様子もきっちり放送され、さっそくネットでは「テレビではあり得ない言葉遣い」「キャラ間違ってる気がする」と安藤批判が盛り上がっている。

 安藤は2013年7月、“実は4月に極秘出産していた”こと、父親が誰かを公にしないことを『報道ステーション』(テレビ朝日系)で明かし、同年末に引退を表明してから、お騒がせタレント化した。ソチ五輪では解説者デビューを果たすもその解説の拙さに批判が集まったほか、今年開催された「FISジャンプワールドカップ」で現地リポーターを務めた際も「スキージャンプ競技について全くの勉強不足」など非難が集中。引退後の活動は、今ひとつ順調とは言えない。現在は目下、冒頭に挙げたようなバラエティ番組ゲストといったタレント業に精を出しているが、安藤がメディアに出るたびネットで批判される有様で、完全に炎上系タレントとなっているようだ。

 そんな安藤、Instagram(以下、インスタ)で自身の思いやプライベートショットをアップしており、そちらも注目度が高い。フィギュアスケート選手、ハビエル・フェルナンデス(23)との濃厚キスと熱愛を「女性自身」(光文社)写真付きで報じられたのが昨年10月だったが、その2カ月後である今年の元日にはハビエル、そして愛娘・ひまわりちゃんとの3ショットを公開。極秘出産を明かした当初は「今は誘拐とか知らないところで殺人なんてこともあります。そういったことから守りたい」と、愛娘を守るために顔を明かさないと公言していたにもかかわらず、オープン姿勢に転じたわけである。まあ、ママとなった有名人が“子供のためを思って顔は非公開!”といっても、だんだんと子煩悩が加速し“やっぱり見て欲しい〜”とケロッと公開……という流れは優木まおみ(35)もやらかしていたので、安藤だけが特別なわけでもない。そんな安藤のインスタアイコンは、「安藤&ハビエル&ひまわりちゃん」が3人手をつないで並んでいるその“影”を撮影したもの。これはもうのっけからヤバいオーラがビンビン出ている。Facebookでも彼氏や彼女と手をつないだその影を写してアップするアカウントはわんさかいるが、筆者はこれを見かけたらその相手をかつてはブロックしていた(今はウォッチするようにしている)。なぜヤバいかというと、こうした寒い写真をアップする人物はなぜか決まって、残念なポエムや自己啓発めいた独り言をアップしていたりもするからだ(空の写真もアップしがち)。ちなみにこのアイコンは1カ月前に安藤がインスタにアップした写真だが、気に入りすぎてアイコンにしてしまったようである。ハビエルとの関係がそれだけ良好ということなのかもしれない。



 ハビエルとの写真も、もちろん元日の1枚だけではない。もうすごいハビエル出まくりなんである。1月のヨーロッパフィギュアスケート選手権など、ハビエルが活躍すると「おめでとう!」のメッセージとともにインスタアップである。どこのニュースサイトで拾ってきたのだろうか、というような写真をアップするところも安藤の魅力だ。ちなみに外部サイトのキャプチャなどもよくアップしている。ここにも、ここにもハビエルだらけ。なんとケーキにもなっている! そして隣には娘の名と同じひまわりの花束。うぅ〜〜ん、すごい。ここに紹介した以外にもハビエル写真は、とにかくいっぱい投稿されている。

 独特なコラージュセンスも彼女の持ち味。こちらの空の写真(やっぱり空の写真アップしてる!)、こちらの池の鯉(日本を表したのだろうか?)でも、文字がナナメに横にと躍りまくっている。めちゃイケ出演を告知する投稿も、文字がナナメで虹色のゴシック体、そして制服姿の安藤の写真が複数コラージュされていて、じっと見ているとトリップしてしまいそうだ。

 影の写真と空の写真が好きな安藤は、LOVEも大好きだ。こちらではおそらくスケート靴で氷に『LOVE』と書きハートで囲んでいる。さすが元フィギュアスケート選手、足先の器用さには驚くばかり。こちらでは写真に「LOVE」のメッセージ。またフィギュア時代の名残りか、イベント出演時やテレビ出演時の衣装も独特。ハッピーママフェスタでの衣装はジャケットがきらびやか。「有吉ゼミ」(日本テレビ系)出演時の衣装もフェザーがこんもりなワンピースだ。一般的な20代女性のセンスとは一線を画しているし、流行最先端かと言われればそれは全然違うし、自身をよくわかったうえで装うオシャレでもない。セルフネイルとおぼしき写真では、コメント欄に「うずらの卵かと思った」と複数書き込まれるなどしていたが、これもよく見ると現役時代の彼女の衣装を彷彿とさせる。

 ディズニーアニメのキャラクターの画像をアップするのもお馴染みではあるが、ポエム(的ななにか)こそがやっぱり彼女の十八番だ。英語のメッセージをたびたびアップするのはもう恒例となっている。こちらは友情にまつわる投稿、こちらは愛にまつわる投稿。確かに安藤のインスタは友人とおぼしき人物とのツーショットも非常に多く、仕事仲間と打ち解けた様子で撮っているツーショット(or3ショット)も多い。また先にも述べた通り、愛するハビエルの写真や、愛娘の写真も満載。投稿を見ればすぐに彼女が、投稿しているポエムの通り、愛と友情に生き、それをオープンにしたがる女性だということが分かる(愛娘の父親の素性は決して明かさないが……)。

 筆者は当初、愛娘やハビエルの写真をアップするのは炎上商法狙いなのかと思っていたが、見れば見るほど安藤は素でこうした投稿をしていると感じられた。計算高い女ではない、素でちょっとダサいところが安藤の本質なのだ。タレントとしての立ち位置が定まらず、また解説者としての実力が現時点で身に付いていないため、さまざまな批判が安藤に浴びせられている現状ではあるが、この面白いインスタをこれからも続けていってほしい。
(ブログウォッチャー京子)

messy

「安藤美姫」のニュース

BIGLOBE
トップへ