頬に手を添えて唇キス! 岡田准一と高橋一生の度を越した仲良しぶり

5月9日(火)2時0分 messy

 5月6日放送の『サワコの朝』(TBS系)に、V6の岡田准一(36)が出演。高橋一生(36)と学生時代から大の仲良しだったことを明かして話題になっている。

 岡田は「今、心に響く曲」として、アメリカのサックス奏者、グローヴァー・ワシントン・ジュニアの楽曲「JUST THE TWO OF US」をチョイス。これは岡田が高校時代に屋上で高橋とともに人生を語りながら聴いていた思い出の曲なのだという。

 高校時代は毎日高橋の家に行くほど仲が良かったと話す岡田。岡田は高橋のことを「身近にいた天才」と評して劣等感まで抱いていたそう。だが結果的に岡田の方が先に世に知れ渡ることになったため、高橋もまた岡田に同じような気持ちを抱いたかもしれないと推測する。

 曲を聞き終わると、「男2人だけでこの曲聴いていたというのは……」「だから勘違いされてたのかなあ。2人はデキてるんじゃないかって。それほど仲が良かったんですよ」と苦笑いする岡田。

 ちなみに歌詞は全部英語だが、翻訳すると「そんな時君を思い出す」「側にいてほしいと感じる」「僕たちならやっていける」「2人だけで2人だけで」「2人で過ごそう」「誰もいないところで」といったような詞で、確かに恋愛関係を連想させるものである。



 放送中もネット上で「この2人が屋上で洋楽ラブソング聴いて未来を語り合うってどんな世界の話?」「岡田くんと高橋一生が人生を語り合っている屋上を覗ける人生を歩みたかった」「ねえ待って、想像しただけでヤバい、えっ、やばくない? 岡田准一と高橋一生だよ?」とときめきを隠し切れない反応が多数上がっていた。

 といっても彼らが親友であることは互いのファンにはよく知られている話。岡田と高橋の絆は今もしっかりと続いている様子で、2014年にNHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』で初共演した際は、クランクアップのお祝いとして出演者が岡田の頬に次々とキスをしていく中、高橋は岡田の顔に手を添えて唇にキスをしたそうだ。高橋曰く、撮影中は2人で仲良くし過ぎていると周りから「間に入れない」と思われる可能性があるため、できるだけ陰から岡田を見ていたという。クランクアップではついに想いを爆発させてこのような行為に至ったのだろうか。これまた女性ファンにはたまらないエピソードだ。

 2人は登山という共通の趣味もあり、休みが重なった日には一緒に登山にでかけることもあるそう。2017年の高橋の大ブレイクにより、休みが合うのはかなり難しくなっただろうが、2人が仕事で共演した際には息の合った演技を期待したい。

(ゼップ)

messy

「岡田准一」をもっと詳しく

「岡田准一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ