吹石一恵、『アンチヒーロー』で9年ぶりドラマ出演「やっぱり現場っていいな」 “写真のみ”のサプライズ出演に反響

2024年5月9日(木)6時0分 マイナビニュース

女優の吹石一恵が、TBS系日曜劇場『アンチヒーロー』(毎週日曜21:00〜)で9年ぶりのドラマ出演を果たした。5日に放送された第4話は“写真のみ”での出演で、吹石の出演については事前に情報解禁されておらず、放送を見た視聴者から「まさかの吹石一恵!?」「サプライズが過ぎる!!」「お久しぶりじゃない!??」とサプライズ出演に多くの反響が寄せられていた。
本作は、視聴者に“正義とは果たして何なのか?” “世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問いかける物語。殺人犯をも無罪にしてしまうアンチな弁護士・明墨正樹を長谷川博己が演じ、明墨の法律事務所で働く同僚弁護士・赤峰柊斗を北村匠海、紫ノ宮飛鳥を堀田真由が演じている。
このたび、桃瀬礼子役で吹石一恵の出演が発表された。プロデューサーの飯田和孝氏は、「第4話は写真だけでの出演でしたので、後ほど改めて出演情報を発表できればと思っていたのですが、反響と問い合わせにお応えして、吹石一恵さんの出演を発表させていただきます」とコメント。吹石の起用については「桃瀬礼子は、強くて、優しくて、儚くて、愛と責任感に満ちた女性です。前回、吹石さんとご一緒したのは11年前の日曜劇場『とんび』で、強い意志を持って立ち向かっていく、吹石さん演じる由美さんの姿が脳裏に焼き付いていて、『アンチヒーロー』の物語を作る中で、吹石さんに是非今回の役を演じてもらいたいと思っていました」と話している。
吹石の役どころにも注目が集まった。第2話のラストで、明墨が「REIKO MOMOSE」と名前が刻まれた墓に花をたむけ涙を流していた場面で、「モモセレイコは誰だ!?」と考察する視聴者が続出。そして第4話では、保護犬施設の掲示板に貼ってある古い写真に、紗耶(近藤華)の幼少期の姿が。その隣で微笑んで写っていたのが、胸に「ももせ」という名札をつけた吹石だった。
第2話とのつながりが判明し、SNSでは「ももせさんが亡くなったのが6年前。倉田刑事のターニングポイントとかぶってる・・・」「桃瀬さんが亡くなったのは6年前だから(明墨が)検事を辞めた理由が桃瀬さんにあるのかなぁ」「ももせさん・・・何で亡くなったんだろ・・・」「明墨弁護士と桃瀬さんは恋人関係だったと予想」などさらなる考察が繰り広げられている。はたして、桃瀬と明墨はどんな関係なのか。
○■吹石一恵 コメント
9年ぶりにお芝居の現場に立たせていただきました。
久しぶりの現場は、作品に携わるみなさんが『アンチヒーロー』を唯一無二、かつ最高のドラマにするんだ
! という情熱に溢れていました。
そして、その情熱に触れさせていただき「やっぱり現場っていいな」と改めて感じることができました。
本作品に参加できたこと、心より感謝いたします。
先の読めない、強く引き込まれるストーリー展開。そんな魅力的な世界に、どう存在できたか。撮影を終えた今も少しの不安を感じながら、毎週のオンエアを楽しんでいます。
○■飯田和孝プロデューサー コメント
毎週『アンチヒーロー』をご覧いただきありがとうございます。視聴者の皆様が隅々まで見てくださってい
ることに改めて感謝申し上げます。
第4話は写真だけでの出演でしたので、後ほど改めて出演情報を発表できればと思っていたのですが、反響
と問い合わせにお応えして、吹石一恵さんの出演を発表させていただきます。前回、吹石さんとご一緒した
のは、11年前の日曜劇場『とんび』でした。“The昭和な不適切親父”に「年上コブ付きシングルマザー」と
憎まれ口を叩かれながらも強い意思を持って立ち向かっていく、吹石さん演じる由美さんの姿が脳裏に焼き
付いていて、『アンチヒーロー』の物語を作る中で、吹石さんに是非今回の役を演じてもらいたいと思って
いました。桃瀬礼子は、強くて、優しくて、儚くて、愛と責任感に満ちた女性です。現場では吹石さん演じ
る桃瀬が、凛として明墨の前に立っていました。明墨にどのように影響しているのか、物語にどんなエッセ
ンスを加えるのか、今後の登場を、動く桃瀬を楽しみにしてください! 緋山の事件から、全ては繋がってい
ます。ということは第5話でもしかして再び緋山も・・・?
(C)TBS

マイナビニュース

「吹石一恵」をもっと詳しく

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ