「キャプ翼」三杉淳役の鷲尾、メッシと対戦経験

5月9日(火)5時53分 ナリナリドットコム

5月8日、都内で舞台「超体感ステージ『キャプテン翼』製作発表」イベントが催され、第1弾キャスト9名が発表されたが、三杉淳を演じる俳優の鷲尾修斗は、かつてあのリオネル・メッシ(FCバルセロナ)と対戦した経験があるという。発表会では、当時の思い出を振り返った。

「特技はサッカー」と公言している鷲尾は、中学生時代に所属していたクラブチームがスペインのチームと対戦したさいに、たまたま相手チームにメッシがいたそう。もちろん、メッシも当時の日本では無名で「メッシであることすらわからなかった」と話すが、その対戦から月日が過ぎ、18歳のときのW杯(※鷲尾の年齢から、2006年ドイツW杯と推測される)にアルゼンチン代表として出場しているメッシを見て、「おぉ!」と驚愕することになったそうだ。

鷲尾とメッシはともに1987年生まれで、対戦時は14歳前後だったそうだが、「ものすごく上手で、ボコボコにやられた記憶しかない」と振り返る。もしかしたら同じFWだったからこそ、その強烈なパフォーマンスが脳裏に焼きついていたのかもしれない。

メッシも「キャプテン翼」に影響を受けた一人と言われている。今回の舞台が話題を集め、遠くスペインでも紹介されることにでもなれば、鷲尾とメッシの“まさかの再会”が実現する……かも?

ナリナリドットコム

「メッシ」をもっと詳しく

「メッシ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ