坂本一生 勤務していた便利屋の捏造告発「年収2000万も嘘」

5月9日(土)7時0分 NEWSポストセブン

「便利屋」の嘘を告発する坂本一生氏

写真を拡大

 タレントの坂本一生氏(44)は、「便利屋!お助け本舗」(以下、「お助け本舗」)で取締役を務めていたが、同社を取り上げたテレビ番組で「やらせ」が行なわれていたことを5月8日発売の週刊ポスト誌上で告発した。


 その一つがNHKの『ドキュメント72時間』(毎週金曜・夜10時55分〜)で、同社は今年2月13日放送の「便利屋、都会を走る」で取り上げられた。坂本氏は、「娘たちから送られたマッサージチェアを自宅2階に運びたいという61歳女性」が、「お助け本舗」社長のA氏(放送当時は取締役)の義母であることを明らかにするなどしたのだ。


 坂本氏は1993年、加勢大周(45)と所属事務所の芸名所有権をめぐるトラブルから「新加勢大周」としてデビューしたことで知られる。


 その後、坂本一生として芸能界で活躍するが、2000年代になると仕事は激減し、プロレスラー、スポーツジムインストラクター、飲食店店長などを経験した。キャリアの転機となったのは2011年の「お助け本舗」の取締役就任だった。


 同社は坂本氏の取締役就任後に全国210店舗を持つまでに急成長。それ以降「あの人は今」などの企画でたびたびメディアに登場し、「年収は2000万円」「やりがいのある仕事です!」などと事業の順調さをアピールした。


 しかし坂本氏は今年3月で「お助け本舗」を去っていた。坂本氏が語る。


「僕は広告塔として会社に利用されていました。取締役とはいえ権限は何もなかった。年収2000万円も会社にいわされていただけ。本当は月収20万〜30万円ほどでした」


 彼がテレビ出演のたびにアピールしていた便利屋エピソードも、ほとんど捏造だったという。


「よく取材でお話ししたのが“紛失した結婚指輪を糠漬けの中で見つけた”とか“スワヒリ語しかしゃべれないウガンダ人を案内した”というエピソードですが、みんな作り話です。会社から渡された想定問答集に沿って話していました」(坂本氏)


 坂本氏はA4判5ページにわたる問答集を本誌に示した。


 これについて「お助け本舗」のA氏はこう答えた。


 坂本氏の「年収2000万円といわされていた」という証言には「お支払いしていたのは20万〜30万円ではなく月に50万円弱です。2000万円という部分はご本人の判断でお話しされていると思います」と回答。両者の意見は食い違っている。


 坂本氏は自らの責任の重さを痛感している。

 

「やらせ番組や僕の記事を見て“面白そうだ”“そんなに儲かるのなら”と一念発起してフランチャイズに加盟した人がたくさんいる。ずっと精神的に苦痛だったが、ついにNHKでも取り上げられたのを見て辞表を提出しました。そして今回、これまでついてきた嘘を告白する決意をしました。お客様や加盟店の方々には謝罪の気持ちでいっぱいです」


※週刊ポスト2015年5月22日号

NEWSポストセブン

坂本一生をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ