白百合女子大「危険サークルリスト」に東大学生らが猛反論

5月9日(土)16時0分 NEWSポストセブン

「悪い男に騙されないか」「いかがわしい高給バイトに手を出さないか」と、年頃の娘を持つ父親の悩みは尽きない。特に女子大生の場合、“悪い虫”が気になるのがサークル活動だ。コンパで男子学生に強引に酒を飲まされたり、送り狼に襲われたり……。心配のタネは至るところにある。


 そんな中、「お嬢様女子大」として名高い白百合女子大学が、前代未聞の「危険サークルリスト」を学生たちに向けて配布したことが話題になっている。そのリストには、都内名門大学のサークルがズラリと並び、名指しで“要注意”と警戒されていた。


 リストに掲載された早稲田大学の某サークルの幹部学生が嘆く。


「ネットにサークル名が流出してしまって、おかげでこの春の新入生勧誘はサンザンです。ゴールデンウィークの新歓合宿には例年20人以上の新入生が参加するのですが、今年は数人だけ。加入のドタキャンも相次いでいます。それなりに歴史のあるサークルなのに、潰れてしまうかも……」


 流出した「危険サークルリスト」。白百合女子大は公式にはこのリストの存在を認めておらず、「ノーコメント」と本誌取材にも応じなかった。しかし複数の学生に聞いたところ、リストが大学当局サイドから学内に広まっていたのは間違いないようだ。


「入学式直後の4月上旬、学生生活課の掲示板に張り出されていたし、自由に持ち帰ることができるようプリントしたものが山積みになっていました」(新入生)


 リストに掲載された東京大学のサークルの代表が猛烈に抗議する。


「僕らは長い歴史を持つれっきとしたスポーツサークルです。ほぼ毎日練習しているし、女の子たちに一気飲みを強要することもない。それなのに掲載する明確な基準も明かされぬままリストに名前を挙げられた。ネットでは根も葉もない噂が流れ、本当に困惑しています」


 名指しされたサークルに在籍する女子大生も怒り心頭だ。白百合女子大3年生はこう話す。


「自分が真剣に取り組んでいるサークルが“ヤリサー”と決めつけられたようで心外です。まるで自分が“そういう女だ”といわれているようで……。親からも“そんな危ないサークル辞めなさい”といわれてしまいました」


 思わぬ余波を招いた今回の危険サークルリスト騒動だが、大学生といえば知恵もある十分な大人である。サークル活動まで大学に指導されるのではなく、参加する女子大生自らが自衛意識を高めていくのが先決だろう。


※週刊ポスト2015年5月22日号

NEWSポストセブン

大学生をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ