寺尾聰と共演したディーン・フジオカ「何回も鳥肌が立った」

5月9日(月)11時0分 NEWSポストセブン

藤原新也氏の短編原案の新ドラマでは写真家役

写真を拡大

 NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の五代様役で人気を博したディーン・フジオカ(35才)が次は写真家に。写真家・藤原新也氏の短編を原案に、オールロケで撮影したNHK特集ドラマ『喧騒の街、静かな海』に出演する。


 あらすじは、生き別れた父を捜しに大阪にやってきた風景写真家の水無月進(ディーン・フジオカ)は、“地回り先生”と呼ばれる精神科医・海老沢淳(寺尾聰)に素性を隠して近づくという内容だ。


 ディーンは、寺尾聰(68才)との共演に、「ぼくが寺尾さんの息子役。今まで影響を受けた人は人種が違ったり、日本語をしゃべる人たちじゃなかったので、毎日現場で俳優の面、音楽の面でもいろんなことを教えていただいて、超ぜいたくな時間を過ごさせていただき、何回も鳥肌が立ちました」と語った。


 このドラマの放送日は未定だが、世代を超えたふたりの役者の化学反応をぜひとも見届けたい。


※女性セブン2016年5月12・19日号

NEWSポストセブン

ディーン・フジオカをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ