ハリー・スタイルズは“羊の胎盤トリートメント”で。究極の美肌を目指すスター達。

5月9日(土)21時55分 Techinsight

「羊の胎盤フェイシャルトリートメント」に夢中だというハリー・スタイルズ

写真を拡大


ウグイスの糞、ヒル、胎盤、吸血…新たな美容法が誕生するたびに飛びついては広告塔となってくれるスター達。現在の究極の美容法は羊の胎盤か。あのハリー・スタイルズの肌がどんどん美しくなっていると話題だ。

昨年5月、年齢的にもニキビができやすい盛りだというワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ(21)が、古い角質を取り除く作用がある、1回3万円ほどの“うぐいすの糞・フェイシャルトリートメント(=ゲイシャトリートメント)”にハマッていることをこちらでお伝えしていた。徐々に本来の白いなめらかな肌を取り戻したハリーだが、熱いスポットライトを浴びる毎日と不規則な生活のせいで、彼の肌は気を抜くとすぐに不調に戻ってしまうとのこと。そんな彼が見つけた美容法は、羊の胎盤を使ったフェイシャルトリートメントだそうだ。

目下ハリーの美肌を担当しているのは、有名皮膚科医のハロルド・ランサー博士がサンタモニカ・ブルバードに開設した「Lancer Skincare」。1回あたり約90分の施術で費用は5万8000円ほどだという。そこのスタッフである皮膚科医のルイーズ・デスチャンプスさんは『Grazia』誌に、「ハリーはお肌の手入れが大好きみたい。汚れや角栓を完全に除去したいと6週間ごとに来院しています」と漏らしている。この胎盤美容法に寄与しているのは、ニュージーランドの牧場で飼育されている産後のメス羊たち。胎盤から抽出されたエキスを冷凍で入荷しており、その豊富な栄養素が肌のダメージを修復してくれるという。

イイと聞けばとにかく何でも試してみたがるハリウッドの人々。中でも胎盤クリームは根強い人気があり、『デスパレートな妻たち』の女優エヴァ・ロンゴリアは植物バイオテクノロジーが生んだ逸品といわれる“EMKプラセンタル・スープラ”というナイトクリームの愛用者だ。またエイジングとの闘いを強いられているセレブの中で、驚きの美容法を実践しているのは女優ヘザー・ロックリアである。“パートナーがいれば”の話だが、彼女は男性の精液を顔に塗ることにしているそうだ。成分のひとつ、前立腺液のタンパク質分解酵素が紫外線やエイジングでガサついた皮膚の修復に役立つと信じているという。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

Techinsight

「ハリー・スタイルズ」をもっと詳しく

「ハリー・スタイルズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ