秋元才加「私はマンティス」 吹替えキャストのコスプレが完成度高すぎ!

5月9日(火)11時25分 Techinsight

マンティスに扮した秋元才加(出典:https://www.instagram.com/areasayaka)

写真を拡大

マーベルコミックをもとにした映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(5月12日より全国ロードショー)の「全員なりきり!プレミア・イベント」が5月8日に行われ、日本語吹替版のキャストたちがそれぞれのキャラクターにコスプレして登場した。新キャラクター“マンティス”の声を担当する秋元才加がその時の姿を『秋元才加 areasayaka Instagram』に「私はマンティス、なりきれてるかな?」と公開したところ、その完成度の高さに「本物かと思いました」「これは、やばい!」と多くのフォロワーが驚いている。

マンティスは触れるだけで相手の感情を読むことができる超能力“エンパシー”を持ち、「触角女子」と評されるルックスが特徴だ。オリジナル(英語版)ではポム・クレメンティエフが扮しており予告映像でもその姿が見られるが、秋元才加のコスプレはかなり近いものがある。ただ、「ファーびっくりした笑。秋元さんですか」「もはや誰かわからんです」という人がいれば、あまりの迫力から「ちょと怖い」「めっちゃ怖いw見た瞬間ビビりました」といった反応もあった。

ポムが扮する本家・マンティスの姿が公開された時に「かわいいと思えるか自信がない」「好きになれるだろうか」などの声が聞かれただけに、コスプレでそのような反響があるのは似ている証だろう。




今回の「全員なりきり!プレミア・イベント」では秋元のほか山寺宏一がピーター・クイル(英語版キャスト/クリス・プラット)、加藤浩次はアライグマ・ロケット(ブラッドリー・クーパー)、遠藤憲一は小さくてキュートだが怒ると危険な“木”ベビー・グルート(ヴィン・ディーゼル)に扮して会場を沸かせた。

http://youtu.be/wUn05hdkhjM

出典:https://www.instagram.com/areasayaka
出典:https://twitter.com/GotGJP

Techinsight

「秋元才加」をもっと詳しく

「秋元才加」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ