能年玲奈“独立騒動”の一因となったライバル・川島海荷に「伸び悩み」の声

5月10日(日)9時9分 アサ芸プラス

 芸能界に波紋を広げている女優・能年玲奈の事務所独立騒動。一部週刊誌によると、その裏には所属事務所社長の能年への冷遇があったされるが、そこでクローズアップされたのが、同じ事務所で先にプッシュされていた川島海荷の存在だ。
「川島は社長が自ら発掘し、“ポスト新垣結衣”と期待されていた。彼女も『あまちゃん』(NHK)のオーディションも受けていたのですが、ヒロインに決まったのは能年。しかも、社長のお気に入りを差し置いて大ブレイクしたため、川島かわいさのあまり、意趣返しで能年を干したとも言われている。以前、能年と川島が雑誌のグラビアで共演した際も、社長は『川島の貫禄勝ち』などとツイッターに書き込んでいました」(芸能記者)
 早くからドラマやCMで活躍していた川島だが、能年が国民的アイドルになると存在感は徐々に薄くなり、業界関係者の間では伸び悩みも指摘されている。
「最近は音楽ユニットの『9nine』での活動がメインで、女優としての活躍は聞かれない。力を入れている音楽活動も正直パッとしませんね。『あまちゃん』で能年がブームになったときには露骨に不機嫌な顔をして、スタッフに対して『みんな玲奈ちゃんで忙しいもんね〜』と皮肉めいたことも口にしていたとか。能年同様、川島も事務所の先輩の新垣を目標にしているのですが、『元ポスト・ガッキーで〜す』と自虐的に話し、周囲が笑えない状況になることもあったそうです」(テレビ関係者)
 同じ事務所の仲間として切磋琢磨していけばいいと思うのだが、芸能界の人間関係は一般人にはわからないドロドロとしたものがあるようだ。

アサ芸プラス

「能年玲奈」をもっと詳しく

「能年玲奈」のニュース

BIGLOBE
トップへ