加藤晴彦を嵌めて40万払わせた吉本芸人の正体は今田耕司が可愛がるあの男!

5月10日(火)12時5分 アサ芸プラス

 5月6日に放送されたバラエティ番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)に、俳優の加藤晴彦が出演した。ネットでは同番組で加藤が暴露した、ある芸人とのエピソードに注目が集まっている。

「番組では『お金をドブに捨てた気分になった瞬間』というテーマで加藤がトークを披露しました。ある日、彼が年下の吉本芸人からパーティーに誘われて行ってみると、すでに10人ほどの男女ができあがった状態だったそうです。そして、そこには初対面の年上芸人がおり『芸歴どれくらいだっけ?』と尋ねられたため、加藤は『20年くらいです』と返答。すると加藤が一番先輩という流れを作られ、ほとんど飲み食いしていない彼が40万円もの大金を強引に支払わされたと語りました」(テレビ誌記者)

 お笑い界では後輩の飲食代を先輩が支払うという暗黙の了解があると聞く。しかし加藤は俳優であり、同席した芸人とは事務所も違う。さらに支払いのためだけに呼び出され、芸人たちに嵌められたとあって、ネットでは「最低すぎる!」「40万は犯罪だ!」と吉本芸人に批判が殺到している。

 今回、番組では芸人の名前は伏せられたものの、ネットでは芸人の正体についてある噂が持ち上がっているという。

「番組を観覧していた一般客が、テレビ局に出入りした許可証の証拠写真と共に、加藤が話した芸人の名前をネットで告発しました。その観覧客によると、加藤を嵌めた芸人は元ジャリズムの山下しげのり。山下といえば、様々な芸人が彼の“クズエピソード”をテレビで話しており、その酷い人間性は有名です。そのため当日、加藤と共に番組を収録していた『キングコング』の梶原や、『中川家』の礼二も『やっぱりな』という表情で納得していたといいます」(前出・テレビ誌記者)

 2011年に“世界のナベアツ”とジャリズムを解散後、東京にうどん屋を開店した山下。もし加藤を嵌めたことが事実だとすれば、うどん屋に出資するほど彼を可愛がる先輩芸人の、宮迫博之今田耕司は何を思うのだろう。

(森嶋時生)

アサ芸プラス

「加藤晴彦」をもっと詳しく

「加藤晴彦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ